【Kindle Unlimited】読み放題の特徴やラインナップ、加入するメリット・デメリット、利用者からの評判・口コミ

Amazon Kindle Unlimited アマゾン キンドル アンリミテッド 読み放題

Amazon の「Kindle Unlimited」(キンドル アンリミテッド)ってよく聞くけれどどんなサービスなのかな?お得なの?と考えている方のために、このページでは実際に「Kindle Unlimited」に加入して利用している筆者が、サービスの特徴や料金、加入するメリット・デメリット、口コミについて紹介します。

Kindle Unlimited 概要

  • 豊富なジャンルから 200 万冊以上が読み放題、Amazon のサブスクサービス
  • Kindle / スマホ / タブレット / PC / Mac などさまざまな端末から読める
  • 初回 30 日間は無料
  • 無料体験終了後は月額980円(税込)

200 万冊以上 読み放題 Kindle Unlimited を 30 日間 0 円でお試し

Amazon Kindle Unlimited とは

「Kindle Unlimited」は小説やビジネス書、実用書、コミック、雑誌、写真集、洋書など豊富なラインナップ対象 200 万冊以上が好きなだけ読める、Amazon の電子書籍読み放題サービス。Amazon 会員であれば誰でも加入できる月額 980 円(税込)のサブスクリプションサービスです。初回 30 日間は無料でお試しが可能。

Kindle 端末のほか、iPhone などのスマホや iPad、Fire などのタブレット端末、PC、Mac といったさまざまな端末で、Kindle読書アプリを使って楽しむことができます。

同時にダウンロードしておけるのは 20 冊まで。多くのタイトルをまとめて持ち歩くことができます。

200 万冊以上 読み放題 Kindle Unlimited を 30 日間 0 円でお試し

Kindle Unlimited 加入するメリット

初回 30 日間は無料で利用可能

Kindle Unlimited は月額 980 円で提供されていますが、初回申込時に 30 日間の無料体験期間が用意されています。もし合わないと思ったらこの無料期間中に解約すると料金はかかりません。また期間途中で解約しても、30日間の無料期間が終わるまで利用可能です。

自動更新のため解約せずにいると有料会員に移行しますが、無料期間中に解約しておくことでこれを防ぐことができます。

200 万冊以上 読み放題 Kindle Unlimited を 30 日間 0 円でお試し

月額 980 円で 200 万冊以上が読み放題のコスパ

マンガや小説、雑誌、ビジネス、実用書、写真集など Kindle ストアで取扱のある幅広いラインナップから 200 万冊以上が読み放題。単行本は 1 冊 1,000 円前後かそれ以上であることが多く、マンガや雑誌も 500 円前後はします。

Kindle Unlimited は月額 980 円で何冊も読めるので、月に 1 〜 2 冊読むと元が取れる計算となります。読めば読むほどお得。

Kindle / Fire を含むさまざまな端末から利用可能

Kindle Unlimited は Amazon デバイスの Kindle / Fire タブレットをはじめ、スマートフォン、タブレット、Windows PC、Mac など様々な端末で読むことができます。電子書籍リーダーである Kindle はカラー表示ができないという欠点はあるものの、「目に優しいe-inkディスプレイで紙のように読みやすい」「数週間持つバッテリー」「明るさ調整」など読書に集中できる環境を整えられます。

さっと読みたいときは Kindle やスマホで、より大画面で読みたいときはタブレットや PC など、自分好みの端末で利用できる点は便利。

「メモとハイライト」機能が便利

Kindle 本は気になる箇所にマーカーやメモをつけて後から確認することができます。アプリで確認するのは他サービスでも提供されていたりしますが、Kindle の場合は「Your Notes and Highlights メモとハイライト」としてブラウザからまとめて読み返すこともできます。

ハイライトにメモを付け加えたり、マーカーを引いた箇所を Kindle 読書アプリで開いて読むことも可能。

読書メモ、読書ノートをつけるときなどに非常に便利なこの機能は Kindle Unlimited で読んでいる本でも利用できます。

200 万冊以上 読み放題 Kindle Unlimited を 30 日間 0 円でお試し

Kindle Unlimited 加入のデメリット

同時ダウンロード可能な冊数は最大 20 冊

200 万冊以上が読み放題となる Kindle Unlimited ですが、同時にダウンロードできる冊数が 20 冊までと決まっています。21 冊目を読もうと思った場合、ダウンロード済みの中から 1 冊を返却する必要があります。

以前は 10 冊だったため、その時よりは利用しやすくなりましたが、何冊も手元に残しておけるわけではない点には注意が必要です。

なお本を返却しても閲覧履歴は残るので再ダウンロード可能。「メモとハイライト」も残ります。

マンガなどは最初の数巻までが多い

他の多くの読み放題サービスがそうであるように、Kindle Unlimited でも漫画やラノベなどシリーズものは最初の数巻までが読み放題で、それ以降は有料で購入が必要になっていることが多いです。全巻読み放題もなくはないですが稀だったり古い作品だったりします。

登録端末に読書履歴が共有される

複数端末から利用できる Kindle Unlimited。別の端末で読むときもすぐに続きから読むことができます。サービスを 1 人で利用しているときには非常に便利な機能である一方で、家族で利用する場合などはどこまで読んだかわからなくなったり、見られたくないタイトルが表示されたりなど、注意が必要です。

読みたい本を探しにくい

ラインナップが豊富である一方で、検索にやや難があるのが Kindle ストア。通常販売されているタイトルもまとめて表示される場合があるため「Kindle Unlimited」バッジを確認する必要があります。アプリから読み放題対象タイトルを調べるには「カタログ」から検索し、ジャンルやキーワードで絞り込んでいくのが便利。

ラインナップは変更される

これはメリットにもなる部分ですが、Kindle Unlimited 読み放題対象ラインナップは、その時時によって変更される場合があります。後で読もうと思っていた本が読み放題から外れていたなんてこともあるため、読みたいときに読むことをオススメします。

一方で、特集など期間限定で普段は読み放題ラインナップに含まれないタイトルが加わりお得に感じることもあり、一長一短。

200 万冊以上 読み放題 Kindle Unlimited を 30 日間 0 円でお試し

Kindle Unlimited の評判・口コミ

Kindle Unlimited は非常に多くのラインナップがあり、趣味やエンタメ分野の本を楽しめるだけでなく、参考書など学習に活かせる分野も充実しています。意外と新しいタイトルや人気タイトル、技術書なども含まれていて、月に数冊で元が取れる点もメリット。「知らない本と出会える」「小さな図書館のよう」「データなのでかさばらない」「読み放題なので気軽に読める」といった声も。

一方で、主に漫画などのジャンルで読みたい作品が対象外であることが多い点や、検索の弱さ、ジャンル分けがいまいち(期待と異なるタイトルが表示されてしまう)という不満の声も。漫画やラノベなどを期待して加入した人からは不満が多いようです。

200 万冊以上 読み放題 Kindle Unlimited を 30 日間 0 円でお試し

Kindle Unlimited のまとめ

Kindle Unlimited は豊富なジャンルから 200 万冊以上が読み放題になるサブスクサービス。漫画やラノベにはあまり強くありませんが、その他のジャンル、たとえばビジネス書や実用書、小説、学習などは充実しており、読みたい本が見つかる、知らなかった本との出会いを期待できます。

月980円で何冊でも読めるので、専門書や技術書、資格対策本などはすぐに元を取ることができ金銭的な負担を軽くすることができます。初回 30 日間は無料でお試しも可能。もし合わなければ途中解約すると料金は発生しません。

200 万冊以上 読み放題 Kindle Unlimited を 30 日間 0 円でお試し

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。