クリーチャーズ、『ポケスク』等開発のアンブレラを吸収合併

『ポケモンスクランブル』シリーズなどを開発してきた有限会社アンブレラが、株式会社クリーチャーズに吸収合併される形で解散することが明らかになりました。2020年10月16日付の官報に掲載された公告にて明らかになりました。

クリーチャーズはアンブレラの権利義務すべてを継承し存続、アンブレラは解散します。

クリーチャーズ、ゲーム開発会社アンブレラを吸収合併

アンブレラは1996年に設立したゲーム開発スタジオ。『ポケモンスクランブル』シリーズを中心に、『ピカチュウげんきでちゅう』など『ポケットモンスター』シリーズの派生作品を多く手がけてきました。公に出た最後のタイトルとなったのは、2019年にスマホ向けにリリースされた『ポケモンスクランブルSP』。

一方のクリーチャーズは、1995年に現株ポケ代表の石原恒和氏が立ち上げた『ポケットモンスター』をはじめとするゲームやカードゲーム、CG制作、玩具、書籍などの企画・開発等を行う企業。現代表取締役社長は Chip Tanaka こと田中宏和氏。ポケモンには初代『ポケットモンスター 赤・緑』の時代から関わっている、ポケモンの様々な商品に携わるライセンサーの1社です。

share

Amazon おすすめ情報

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 880 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、9,000 万曲以上を高音質で楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Amazon Music Unlimited