さっそくレベルキャップ開放がアナウンス。

任天堂から遂に実施日が発表された、Wii U『Splatoon(スプラトゥーン)』初の大型アップデート。大きくルールやブキ、ギアなどの追加が発表されていますが、レベルキャップ開放などもう少し詳しいアップデート内容が、任天堂ヨーロッパから発表されました。

追加される2つのルール

新ルールの1つ「Squad Battle(タッグマッチ)」は、自分のフレンドと相手のフレンドとがガチマッチルールで対戦。最大4人のフレンドでチームを組んでバトルを繰り広げます。

もう1つの「Private Battle(プライベートマッチ)」は、その名の通りプライベートな対戦ルール。自身のフレンドのみが最大8名参加できます。2〜8名までのフレンドが集まって、1対1〜4対4まで自由なルール、マップ、ブキを選んで対戦。なお、チームは必ずしも通常ルール通りである必要は無く、1対2だとか、1対4、2対3といった変則的な組み合わせも可能とのこと。

プライベートマッチはかなり幅のある自由な楽しみ方ができそうです。

*国内アカウントから「タッグマッチ」のルール詳細が発表されています。
*「プライベートマッチ」ではポイントを入手することはできず、勝敗がウデマエやランクに影響することも無し。パスワードを設定して仲間内で楽しむこともできる。

レベルキャップの開放

阪口氏が先日のインタビューで語っていたレベルキャップの開放が早くも実装。ランクは50まで(これまでは20が上限)、「ガチマッチ」のウデマエはこれまで上限だった「A+」の上に「S」が加わり、最大「S+」まで上昇します。

2つの新たなブキタイプ、新作ギアは40以上

ブラスターをシューターに含めると、大きく「シューター」「チャージャー」「ローラー」の3種類が存在している『スプラトゥーン』のブキ。アップデートではこれらに加えて、新CMにも収録されていた2つの新たなブキタイプ「Slosher(スロッシャー)」「Splatling(スピナー)」が追加され、ゲームに新たな戦略を生み出します。

バケツのような「Slosher(スロッシャー)」は、直線的に前方へバシャッとインクを撒く一発が大きいブキ。角度を調整することでより高く、うまくやると壁の反対側の方にまで飛ばすこともできるのだとか。

もう1つ追加されるガトリングスタイルの「Splatling(スピナー)」は、一定時間チャージした後にぶっ放すことで最大限にポテンシャルを発揮するブキ。

新作ギアは40種類以上

2つの新たな武器タイプに加えて、40以上のギアが追加。レザージャケットから寿司職人(ファミ通イカファッションコンテスト優秀作品)のようなコスチュームに至るまで、新たなコレクションをショップから購入することが出来るように。

今後もアップデートは続く

どうやら今回のアップデート時点では、まだ「ガチホコ(Rainmaker)」は解禁されないようです。大型アップデートが実施された後、「ガチホコ」を含む追加マップやブキなどより多くのコンテンツが、夏から秋にかけてリリースされていくとのこと。阪口氏が語っていたように、刺激と慣れのバランスを取りながらゆっくりと解禁(アンロック)されていくのでしょう。

Wii U『スプラトゥーン』初の大型アップデートは、8月6日にリリース。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で