任天堂は24日、5月末に世界で発売したWii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』の累計販売本数が100万本を突破したと発表しました(日本では5月28日、欧米は5月29日、オーストラリア/ニュージーランドでは5月30日発売)。

『スプラトゥーン』は、4対4でインクを撃ちあい、塗った面積を競う「ナワバリバトル」などを楽しめるアクションシューター。シューターと言っても、敵を狙い倒すエイムスキルは必ずしも必要ではなく、インクを塗り自分のエリアを拡げればいい明快なルールや、鮮やかでキャッチーな世界観が受け、国内でも発売3週間でパッケージ版の販売が25万本を越えるヒットを記録。Wii U本体のセールスも牽引しています。

発表によると、最も販売数が多いのは北米で47.6万本。次いで日本が36.8万本、ヨーロッパが23.0万本、オーストラリア/ニュージーランドで2万本とのこと(パッケージ版・ダウンロード版の合算)。

イカ研究所は100万本突破のニュースに感涙。記念イラストが公開。

さらに、100万本突破を記念して、TVCMでナレーションを担当したROLLYさんの歌付きWeb限定アレンジVer.も公開されています。

「『Splatoon』をアメリカで5月29日に発売して以来、このカラフルで混沌としたバトルで楽しい時間を過ごすため、幾千もの人々がオンラインに向かうのを任天堂は見てきました。このマイルストーン達成は任天堂に弾みを付けるでしょう。我々は11以上の独占Wii U/3DSソフトを年内に発売するほか、『amiibo』やデジタルコンテンツ、サードパーティーゲームも順次発売していきます」と任天堂アメリカのReggie Fils-Aime社長はコメント。

Scott Moffitt氏ではなくレジー社長がリリースでコメントを出すのは珍しいですね。

Splatoon(スプラトゥーン)【Amazon.co.jp限定】オリジナル「イカす ステッカー」セット(B6型抜き×4枚)付
Splatoon(スプラトゥーン)
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: アクション
発売日: 2015-05-28
プレイ人数: 1-2人(通信プレイ時:4対4)
対応: amiibo, インターネット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で