今年2月に海外で報じられた、Netflixによる実写版『ゼルダの伝説』シリーズですが、任天堂の岩田社長は「正確な情報に基づいていない」と報道内容を否定しています。

『ゼルダの伝説』の実写ドラマシリーズは、WSJが報じたことから明らかに。まだ初期段階ながら、勇者リンクがゼルダ姫やハイラルを救うシリーズのひな形をベースにした物語が展開される、Netflixが任天堂と協同で取り組んでいるプロジェクトだという話でした。

任天堂とDeNAの業務資本提携発表を受けて行われたTIMEのインタビューの中で、前述の『ゼルダの伝説』実写化報道について訊かれた岩田社長は、「今のところ、いかなるテレビ番組や映画における任天堂IPの使用に関して、新たに発表するものは何もないのですが」とした上で、「少なくとも、質問された記事については、正しい情報に基づいていないと言えます」と回答。

“正しい情報”の中身が気になるところですが、任天堂はキャラクターIP活用の中に映像コンテンツ化を含めていて、その取り組みが進行中であることが、先日のDeNAとの提携発表会にて岩田社長から明らかにされています。詳細は後日発表予定。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で