任天堂から5月29日に発売予定のWii U『マリオカート8』。今作も過去タイトルのリメイクコースが収録される事が明らかになっていますが、反重力要素の導入でかつてない立体的なコースデザインが可能となり、美しいグラフィックも実現している『8』ではいったいどんな再構築が行われているのか、オリジナル版との比較映像が公開されています。


現時点で比較映像が公開されているのはN64版「レインボーロード」と、DSの「プクプクビーチ」、Wii「モーモーカントリー」の3つ。

リメイクされた「レインボーロード」は煌びやかでなんともゴージャス。コースはひねりも加えられていて、『8』らしい変化が加えられています。プクプクビーチは、コースレイアウトはほぼ変わらないものの、『ゼルダの伝説 風のタクトHD』でも見られたような南国ムードが心地良いビジュアルに進化しています。モーモーカントリーもレイアウトに大きな変化は見られませんが、Wii Uの性能により非常に美しい進化を見せています。

レインボーロード:Wii U vs. N64

プクプクビーチ:Wii U vs. DS

モーモーカントリー:Wii U vs. Wii

マリオカート8
マリオカート8
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: アクションレーシング
発売日: 2014年5月29日
プレイ人数: 最大12人
対応: オンライン対戦

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で