2013年末に任天堂から発売された3DS『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』には、家に「ムジュラの仮面」が飾られていたり、日記があったり、またむんじゅら教団の教えなど、幾つか『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』関連要素が登場しますが、単なるオマージュではなく、リメイクを予告する意味で収録されたのではとの見方が根強いようです。


「リンクの家に「ムジュラの仮面」があるのは、青沼の制作チームからの特別なリクエストでした。なぜ今、彼らは僕らにそれを依頼してきたんでしょう?」

『神トラ2』でディレクターを務めた任天堂の四方宏昌氏は、先日もお伝えしたGame Informerの最新インタビューの中で、飾られている「ムジュラの仮面」や、ゲーム内に登場する幾つかのオマージュ以外に、見逃している『ムジュラの仮面』要素は無いかという質問に対してコメント。カメオ出演に止まらない、何らかの意図の下で収録した可能性をほのめかしています。

過去にリメイクの可能性について慎重なコメントをしているプロデューサーの青沼英二氏は、昨年末のファミ通インタビューで、「皆さんのご想像にお任せします(笑)」とリクエストした理由をぼかしました。

『ムジュラの仮面』は、『ゼルダの伝説』の中でもダークで不思議な世界観や3日間システム、仮面など独特の要素を持つ作品で、個性が際だっているだけにとことん魅せられたユーザーも多く、海外ではWii U版のフェイク映像やWii U/3DSが作成されるなど、リメイクが待たれるタイトルです。

『時のオカリナ3D』を担当したグレッゾが、ここ2年は3DS『すれちがいMii広場』のDLC『すれちがいガ~デン』以外で殆ど沈黙していることも、リメイク期待を高める一因となってる様子。

このほかにも、北米クラブニンテンドー2013年のプラチナ会員特典でサウンドトラックCDが提供されたり、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』にアシストフィギュアとしてスタルキッドが発表されるなど、関連づけようと思えば出来そうな動きは出てきています。

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: アクションアドベンチャー
発売日: 2013年12月26日
対応: すれちがい通信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で