国内では発売から7年で生産終了となったWiiですが、海外市場では今後も販売が継続されることが任天堂アメリカより明らかになりました。


任天堂アメリカの代表がGameSpotに語ったところによると、「Wiiの生産終了は日本に限った話であり、北米市場へ影響を与える事はなく、今年のホリデーシーズンもこれまで通り販売が継続される」とのこと。2013年6月末で世界累計1億台を突破したWiiは、アメリカで8度目のホリデーシーズンを迎えます。

日本市場で販売されていた縦置きモデルは初期型で、生産終了が発表されたのもこのモデル。海外では2011年末よりGC互換機能を省いた横置き基調モデルが販売されており、さらにWiiソフト再生に特化した『Wii mini』も発売されています。

アメリカで販売されている現在のWiiは、横置き型Wiiに『Wiiスポーツ』と『Wiiスポーツリゾート』を1ディスク化して同梱したモデルで、価格は129.99ドル。

日本市場では在庫限りで姿を消す新品のWii本体ですが、海外ではもう暫くの間、任天堂ゲームのエントリー機種として現役でいられるようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で