SNK は10日、先日予告していた「SNKブランド40周年」を記念した新型ゲーム機『NEOGEO mini (ネオジオ ミニ)』を正式に発表しました。3.5インチ液晶ディスプレイを搭載したアーケード筐体モチーフの本体に、選りすぐりの名作・傑作ネオジオタイトルが40作品内蔵されます。発売時期や収録タイトルなどの詳細は追って発表予定。

『NEOGEO mini』は、1990年に誕生したゲームプラットフォーム「NEOGEO (ネオジオ)」でリリースされたラインナップの中から、名作・傑作タイトルを40作品予め収録したゲーム機。

手のひらサイズのコンパクトな本体デザインはアーケード筐体がモチーフとなっていて、3.5インチ液晶ディスプレイを搭載し、テレビなど外部モニターに繋がなくてもゲームを遊ぶことが可能。TV出力用のHDMI端子があるので、HDMIケーブルでつなげばテレビの大画面で遊ぶこともできます。

日本やアジア地域で販売された日本版と、欧米その他地域で販売された海外版の2種類のデザインが用意。日本版は、1990年代に登場した NEOGEO のアーケード筐体をモチーフに、青・白・赤の配色でデザイン。海外版は、黒・白・青を基調にしたシンプルでモダンなデザインとなっています。

製品概要

  • 商品名: NEOGEO mini (ネオジオ ミニ)
  • 収録タイトル数: 40タイトル
  • 液晶サイズ: 3.5インチ
  • 外形寸法/質量: W135mm×D108mm×H162mm/600g
  • 付属品: 電源ケーブル(ACアダブターは含みません)
  • 接続端子: HDMI端子(TV出力用)、ヘッドホン端子、外部コントローラー端子×2

NEOGEO(ネオジオ)について

「NEOGEO(ネオジオ)」は、SNKが1990年に発売したアーケード用ゲーム機、及び家庭用ゲーム機のプラットフォームの名称。

アーケード用ゲーム機のソフトウェアを、従来の基板からROMカセット化し、自由にゲームを交換できる独自のシステムを開発。NEOGEO のアーケード用ゲーム機は、1台のゲーム機に複数のゲームタイトルを内蔵可能なことに加え、安価な価格設定により、全国のゲームセンターをはじめスーパーや駄菓子屋などにも設置されました。

また NEOGEO の家庭用ゲーム機では、ソフトウェアをアーケード用ゲーム機のROMカセットと共通化。自宅でもアーケードと同じクオリティのゲームを楽しむことが可能です。100メガを超える大容量を誇ったNEOGEOは、当時のゲームファンの憧れでした。

NEOGEO mini はアーケード筐体の雰囲気を再現

クラシックコンソールに mini 化の波が押し寄せている中、SNK からも大方の予想通り『NEOGEO mini』が発表されました。まさか液晶画面をつけてアーケード筐体を再現するところまでは読めませんでしたけれど。液晶画面搭載でコストがかかりそうなデザインなだけに、価格面がどうなるのか気になるところ。どのようなコントローラーを使えるのかも気になります。

3.5インチ液晶は通常3DS/2DSとだいたい同じサイズ。近づいて遊ぶのであれば、大きくはありませんが小さすぎて遊べないということはなさそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で