米国の調査会社 Newzoo は2017年の世界のゲーム市場(家庭用、PC、モバイル)について、前年比で10.7%増加して1160億ドル規模になると発表しました。当初予想を71億ドル上回る高成長を見せています。

世界のゲーム市場、2017年は1160億ドル(約13兆円)規模に

最も大きな成長を見せ、市場の拡大に貢献したのは中国と日本で好調だったモバイルゲーム市場。461億ドルの見通しを43億ドル上回り、23.3%増の504億ドルにまで拡大。ゲーム市場全体の売上の43%を占めています。

eSports も成長分野として期待されていて、現在の7億ドルから2020年には最大24億ドル規模に達する可能性もあると予測されています。

家庭用ゲーム機(コンソールゲーム)市場は当初予想をやや下回る333億ドルですが、対前年比では3.7%拡大する見込み。PCゲームは294億ドルの予想を上回る、前年比1.4%増の323億ドルで着地しそうです。

国別では中国が325億ドル、日本のゲーム市場は140億ドルに達すると見られています。

Newzoo は100社以上の企業が公開したデータに基づいて、推定値と実際の数字を報告。世界のゲーム市場はモバイルを中心に今後も拡大を続け、2020年には2017年から23%増の1435億ドルに達すると予想しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で