任天堂が10月19日にリリースした Nintendo Switch のシステムバージョン 4.0.0 により、ついにスイッチ本体から動画撮影が可能になりました(対応ソフトのみ)。

Nintendo Switch、Ver. 4.0.0 で本体から動画撮影が可能に

以前より、将来的な動画撮影機能の追加が予告されてきた Nintendo Switch。10月19日にリリースされた本体システムバージョン「4.0.0」でいよいよその機能が追加され、対応タイトルで最大30秒の動画撮影が可能になりました。

より本格的なゲーム動画や実況動画をアップしたい場合にはキャプチャーボードが必要でしょうが、カジュアルに SNS へアップする分にはまずまずの長さです。まだ最初ですし、要望次第で機能追加や改善されていきそうです。

この機能で面白いのはボタンを押す30秒前からの録画が可能だという点。撮りたいシーンに遭遇してからでも撮影が可能なのは便利ですね。

動画撮影方法

ゲーム中に Joy-Con(L)の「キャプチャーボタン」を長押しする(“ピッ”という音がするまで押し続ける)ことで、最大で30秒前からの動画を保存できます。

保存した動画はホームメニューの「アルバム」から確認可能。「アルバム」から Facebook や Twitter へ投稿できます。また「アルバム」内では、保存した動画を必要なところだけ切り取ったり、動画の一部を画面写真として保存したりもできます。

保存できる数

動画は本体保存メモリーに最大100本を保存可能。microSD カードがあれば最大1000本まで保存が可能です。

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 無期限保証 Nintendo Switch 動作確認済 TS128GUSDU1PE (FFP)
Transcend microSDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 無期限保証 Nintendo Switch 動作確認済 TS128GUSDU1PE (FFP)
メーカー: トランセンド・ジャパン
発売日: 2016-01-06

動画撮影 対応タイトル (2017.10.19 時点)

10月19日の時点で動画撮影に対応しているソフトは以下の5タイトル。対応ソフトは今後も続々と追加予定です。

  • 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』 (Ver. 1.3.0以降)
  • 『マリオカート8 デラックス』(Ver. 1.3.0以降)
  • 『ARMS』(Ver. 3.1.0以降)
  • 『スプラトゥーン2』(Ver. 1.2.0以降)
  • 『スーパーマリオ オデッセイ』

その他の更新内容

このバージョンでは、「あらかじめダウンロード」対応など、他にもいろいろな追加や修正内容が含まれています。プレイ動画撮影以外の主な更新内容は以下の通りです。

ユーザーに設定できるアイコン(12種類)の追加

『スーパーマリオ オデッセイ』と『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』より各6種類。

ほかのNintendo Switch本体へ「ユーザー」と「セーブデータ」を引っ越し可能に

「設定」→「ユーザー」→「ユーザーとセーブデータの引っ越し」から他のスイッチ本体へデータの引越しが可能に。

ニンテンドーeショップで「あらかじめダウンロード」に対応

Nintendo Switch もあらかじめダウンロードに対応(一部ソフトのみ)。発売日より前にソフトを購入し、事前にソフトをダウンロードしておくことで、ソフトが発売されたらすぐにゲームを開始できます。

ローカル通信で、近くの人とゲームソフトのバージョンを揃えられるように

一緒に遊ぶ人の本体にあるゲームソフトのバージョンが古いときに、ローカル通信を利用してより新しい更新データを配信し、ゲームソフトのバージョンをそろえることができるようになりました(お互いの本体バージョンが 4.0.0 以降の場合)。

バージョンを揃える方法

HOMEメニューで対象のゲームソフトの「オプション」→「近くの人とバージョンをそろえる」

いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性が向上

その他、いつものように「いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性向上」が実施されました。

詳しい更新情報はサポート情報から確認できます。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-03-03

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で