Wii U、3DS間の残高共有やあらかじめダウンロード、公式サイトからのDL版購入など、オープンから数年をかけ、徐々に機能が拡充されてきた任天堂のデジタルストア「ニンテンドーeショップ」。それでも不便な点として残っていた、購入履歴のハードウェア紐づけも、Nintendo Switch のeショップでは解消に向かっているようです。

Nintendo Switch eショップの購入履歴や残高は「ニンテンドーアカウント」で管理

現在の任天堂ハードでは、eショップで購入したデジタルコンテンツは基本的に、購入したハードでしか楽しむことができません(本体買い換えの際には「ソフトとデータの引っ越し」という転送手段が一応用意されています)。

この点が Nintendo Switch では改善。

Switch のオンライン接続に必要となる「ニンテンドーアカウント」に、ニンテンドーeショップでの購入履歴や残高情報が含まれており、本体の初期化や破損、故障で再購入などで元データが無くなった場合でも、アカウントの履歴からソフトやDLCなどを再ダウンロード可能です。

「ニンテンドーアカウントには、ニンテンドーeショップでの購入履歴やチャージ残高の情報が含まれています。コンソールを初期化した後でもニンテンドーアカウントを再リンクすることによって、アカウント情報から購入済みソフトやDLCを再ダウンロードすることが可能です(なお、ソフトの配信が中止されている場合は、再ダウンロードできないことがあります)」

発売時点では、認証台数は同時に1台まで

とはいえ、今のところ1つのニンテンドーアカウントに関連付けられる Nintendo Switch 本体は1台で、同時に複数台を認証させることはできないようです。当面は1台で問題無いでしょうけれど。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で