セガグループのセガ・アミューズメント・インターナショナルは2日、90年代アーケードゲームの代表作であるレーシングゲーム『デイトナUSA』の完全新作を Twitter で発表しました。

1998年の『デイトナUSA2 BATTLE ON THE EDGE』以来の完全新作、『3』が登場します。

『デイトナUSA』は1994年にアーケードデビューした、Model2基盤採用の3Dレーシングゲーム。アーケードと家庭用ゲーム機向けを含めて複数タイトル発売されていますが、ナンバリングは2作品。直近タイトルはPS3/Xbox 360でデジタル発売されたHDリメイク版『デイトナUSA』となっています。

デイトナといえば、耳に残るタイトル曲も特徴ですね。「デイトーナー レッツゴーアウェイ」

Daytona 3 Championship USA

さて、今回アーケード向けに完全新作として登場する『Daytona 3 Championship USA』は、3つの新規トラックとオリジナルのクラシックコースの現代版リマスター、新しいマシン、新モードを収録。セガは『3』を冠するシリーズの新作として、『デイトナUSA』の精神を忘れていないことを強調します。

『Daytona 3 Championship USA』の筐体は47インチのLEDディスプレイを備え、最大8台がリンク可能。ライブ・インゲーム・カメラ機能が搭載され、対戦プレイ時に一層の盛り上がりが期待されます。また観客向けの27インチの外部ディスプレイ“Live TV” も特徴で、外側からレースの様子を見て楽しむことができるということです。

最新作のお披露目は、2016年11月14日〜18日にオーランドで開催されるIAAPA Attractions Expo 2016 にて。今回は海外向け発表ですが、国内展開も期待したいところ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で