現地時間2月18日、Academy of Interactive Arts & Sciences (AIAS)が「第19回DICEアワード」を開催。ベセスダ・ソフトワークスの『Fallout 4』が2015年の年間最優秀ゲームに選出されました。

任天堂ソフトでは『スーパーマリオメーカー』がファミリーゲーム賞を受賞。『スプラトゥーン』もアクションゲームやオンラインゲームプレイ部門にノミネートされていましたが、アワード獲得とはなりませんでした。

第19回DICEアワード 受賞タイトル

年間最優秀ゲーム:Fallout 4 / Bethesda Softworks

最優秀アクションゲーム:Star Wars Battlefront / Electronic Arts
最優秀アドベンチャーゲーム:METAL GEAR SOLID V: The Phantom Pain / コナミ
最優秀ファミリーゲーム:スーパーマリオメーカー / 任天堂
最優秀格闘ゲーム:Mortal Kombat X / Warner Bros. Interactive
最優秀レースゲーム:Forza Motorsport 6 / Microsoft
最優秀RPG/MMO:Fallout 4 / Bethesda Softworks
最優秀スポーツゲーム:Rocket League / Psyonix
最優秀戦略/シミュレーション:Heroes of the Storm / Blizzard Entertainment
最優秀携帯ゲーム:HELLDIVERS(ヘルダイバー) / SCEA
最優秀モバイルゲーム:Fallout Shelter / Bethesda Softworks

D.I.C.E. Sprite賞:Rocket League / Psyonix

ゲーム・ディレクション:Fallout 4 / Bethesda Softworks
ゲーム・デザイン:The Witcher 3: Wild Hunt / CD PROJEKT RED
オンラインゲームプレイ:Rocket League / Psyonix
アニメーション:Ori and the Blind Forest(オリとくらやみの森) / Microsoft
アート・ディレクション:Ori and the Blind Forest(オリとくらやみの森) / Microsoft
キャラクター:Rise of the Tomb Raider / スクウェア・エニックス
作曲:Ori and the Blind Forest(オリとくらやみの森) / Microsoft
サウンド・デザイン:Star Wars Battlefront / Electronic Arts
ストーリー:The Witcher 3: Wild Hunt / CD PROJEKT RED
技術:The Witcher 3: Wild Hunt / CD PROJEKT RED

特別賞

殿堂入り:小島 秀夫
特別功労賞(生涯功労賞):岩田 聡
技術インパクト:Visual Basic(Microsoft)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で