ニンテンドー3DS LL、国内展開中の全モデルが「近日生産終了予定」

2012年7月28日に発売されて以降、3DSハード販売の中心を担ってきたニンテンドー3DS LL。現在7種類のカラーバリエーションが展開中ですが、これら全てが「近日生産終了予定」であることが任天堂の公式サイトにて明らかになりました。

「イヤー・オブ・ルイージ」デザインの、ファンメイドによるニンテンドー3DS LL用カスタムスキン

任天堂から7月18日に、3DS『マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー』DL版を同梱してリリース予定の、ルイージデザインの3DS LL、『ニンテンドー3DS LL ルイージ30周年パック』ですが、海外では限定本体発売に先駆けて同デザインのスキンが作成され、その画像が公開されています。

米任天堂、ニンテンドー3DS LLと『New スーパーマリオブラザーズ2』効果で2012年8月3DS売上が大幅に増加

任天堂アメリカは6日、米国の市場調査期間NPDグループ調べによる、2012年8月の北米地域月間売上を発表。ニンテンドー3DS LL(アメリカでは3DS XL)と『New スーパーマリオブラザーズ2』によって、3DSプラットフォームが大きな存在感を示したことを報告しています。

ニンテンドー3DSソフトのダウンロード版売上比率、『Newマリオ2』は5%、『鬼トレ』は20%ほど。3DS LLは発売時から黒字

7月28日より、ニンテンドー3DSカードソフトのダウンロード版が販売開始されました。第1弾タイトルの『New スーパーマリオブラザーズ 2』『ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング』のパッケージ/ダウンロード版の売上比率が、ウォールストリートジャーナルに掲載されています。