スーパーのサミットストアで利用できる電子マネー・コード決済サービスを紹介しています。

サミットストアは東京都を中心に、埼玉県、神奈川県、千葉県の首都圏で店舗展開しているスーパーマーケットです。本部は杉並区永福(京王井の頭線・西永福駅そば)。独特の個性をはなつチラシの面白さでも注目されるスーパーです。

対応しているコード決済サービス

サミットでは2019年9月1日より、全店舗で本格的にスマートフォンのQRコード決済サービスの導入がはじまりました。

現在利用できるコード決済サービスは次の通りです。

  • PayPay(ペイペイ)
  • LINE Pay(ラインペイ)
  • メルペイ
  • Alipay(支付宝) アリペイ
  • WeChat Pay(微信支付)ウィーチャットペイ

上記サービスを、サミット全店舗で利用することができます。ただしコード決済サービスで支払いのできるレジは、店舗により限られている場合があります。支払い前にレジレーンの表示をご確認ください。

楽天ペイやOrigami Pay、d払い、au PAYなどへはまだ対応していません。

電子マネーは使える?

サミットストアでは電子マネーで買い物をすることもできます。SuicaやPASMOをはじめとする交通系電子マネー、楽天Edy、iDに対応しています。セブン&アイグループのnanacoやイオンのWAON、QUICPayには対応していません。

レジによって、電子マネーを利用できない場合もあります。並ぶ前に、電子マネーを使えるレジかどうかをご確認ください。

また電子マネー支払いの際は、レジ店員にその旨を伝えてその場で支払いをします。セミセルフレジでは電子マネーを使うことができないので、電子マネーで買い物をする際は忘れないようご注意ください(サミットのセミセルフレジで利用できるのは現金とクレジットカード)。

クレジットカードは使える?

サミットストアでは各種クレジットカードを使って支払いが可能です。VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Dinersを利用できます。

ポイントカード

サミットストアは楽天ポイントカードやdポイントカードなど共通ポイントサービスには対応していませんが、独自の「サミットポイントカード」を展開しています。

付与率は200円(税抜)ごとに1ポイントの0.5%。火曜日はポイント10倍(5%)、日曜日は5倍(2.5%)となります。ポイントを使用した支払いにもポイントがつきます。なおレジ袋が不要な場合は2ポイントたまります。

貯まったポイントは1ポイント=1円として支払い時に使うことが可能。

また火曜日はキャッシュバックデーとなっており、サービスカウンターにて100ポイント単位で現金と交換することができます。ポイントは最大1万ポイントまで貯めることができ、1万ポイント貯まると現金1万円と交換してもらえます。

ポイントが貯まるのは現金払い時のみ

サミットポイントカードでポイントを貯められるのは、現金払いをしたときのみとなっています。電子マネーやコード決済、クレジットカードで支払いをするときは残念ながらポイントを貯めることができません(レジ袋不要時の2ポイントはつきます)。

サミットポイントカードのポイント付与は基本的に0.5%なので、より還元率の高い電子マネーやコード決済、クレジットカードを使っているのであれば、それらで支払いをしたほうがおトクです。ポイント10倍で5%還元となる火曜、5倍で2.5%となる日曜以外は現金以外で支払うのが良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン