【Amazon】覚えのない請求・引き落としがあるとき、自分が登録している有料サービスを確認しよう

このところ、Amazonから毎月一定額、身に覚えのない、よくわからない引き落としがあるとの相談が友人知人から複数件寄せられています。

不正利用?

というよりも、おそらく登録サービスの解約・退会し忘れの場合があるのではと考えられます。

Amazon のサブスクリプションサービスは「Amazonプライム」のほかにもいくつかあります。「Music Unlimited」や「Kindle Unlimited」など、「Amazonプライム」とは別に加入する、料金がかかるものもあります。

不要になったサービスを解約せずうっかりそのままにしていないか、アカウント情報を確認してみましょう。

Amazonで登録しているサービスを確認する

なんの料金かわからないけれど、Amazon から毎月一定額が引き落とされる。クレジットカードに請求がくる。もしかすると、解約・退会し忘れているサブスクサービスが残っているかもしれません。

自分の Amazon アカウントでどんなサービスを利用しているのか、登録しているのかを確認し、必要なのか不要なものかを見直してみましょう。

加入しているサービスを確認する方法

Amazonアカウントで登録・利用しているサブスクリプションサービスは、「アカウントサービス」から確認することができます。

「アカウントサービス」>「メンバーシップおよび購読」へ進みます。

ここで、自分が現在登録しているサービスと状態、契約更新日・終了日を確認できます。

Amazon メンバーシップおよび購読

もし利用頻度が低かったり不要なサービスが残っていれば、「購読を管理する」から契約をキャンセルするようにしましょう。

Amazonプライム以外の主なサブスク

  • Kindle Unlimited(月額980円)
  • Music Unlimited(月額780円 or 980円)
  • Amazon Music HD(月額1,780円 or 1,980円)
  • Audible(月額1,500円)
  • Prime Video チャンネル(月額330円など)

意外と忘れがちなのが、Prime Videoチャンネルの契約です。

Prime VideoはAmazonプライム会員特典に含まれますが、Prime Videoチャンネルは別途追加で契約する有料チャンネル。

初回は無料期間が用意されていますが、キャンセルせずにその期間が過ぎれば有料へ自動で移行します。

  • Amazonプライムとは別に料金が発生するAmazonのサブスクサービスは複数ある
  • Amazonから身に覚えがない請求があるときは、加入しているサービスを確認
  • Prime Video チャンネルは意外と忘れがち

本当に覚えがない場合…クレジットカード会社へ連絡

契約内容を確認してみて、本当に覚えのない請求だったら。もし第三者による不正利用が疑われる場合は、できるだけ早くクレジットカード会社へ連絡を入れましょう。

被害拡大を防ぐための利用停止手続きや、本当に不正利用があったのかどうかを調査してもらえます。

不正利用があったと確認されたら、そのクレジットカードは無効となり、新しいクレジットカードが発行されます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。