ゲーム関連のニュースを見ていると出てくる、「ファーストパーティ」や「サードパーティ」といった言葉。いったいどんな意味で使われているのでしょうか。

「ファーストパーティ」「サードパーティ」とは? 「セカンドパーティ」も

ファーストパーティ

ファーストパーティ(またはファーストパーティー、first party)は、「当事者」を意味する英単語で、製品を提供するメーカーを指して使われています。ゲーム業界ならゲーム機を発売している任天堂やソニー(SIE)、マイクロソフトが該当します。

サードパーティ

それに対して「サードパーティ」は第三者を意味する言葉で、ある企業が構築したビジネスモデル(=ゲーム業界ならゲーム機、プラットフォーム)に、第三者的に参加する企業を指しています。ゲーム機を発売するハードメーカー3社以外の企業、日本の代表的なメーカーではスクウェア・エニックスやバンダイナムコ、セガ、コナミなどが該当します。

セカンドパーティ

ファーストパーティから発売されるソフトを企画・開発する外部会社(あるいは子会社の開発スタジオ)を「セカンドパーティ」と呼ぶこともあります。「セカンドパーティ」は「ファーストパーティ」「サードパーティ」からの造語として用いられるようになりました。

任天堂の場合はインテリジェントシステムズやHAL研究所、1-UPスタジオ、モノリススタジオ、レトロスタジオなどがセカンドに該当します。SIE の場合はポリフォニー・デジタルやノーティドッグなどがあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン