「ファーストパーティ」「サードパーティ」とは

ゲーム関連のニュースを見ていると出てくる、「ファーストパーティ」や「サードパーティ」といった言葉。いったいどんな意味で使われているのでしょうか。

「ファーストパーティ」「サードパーティ」とは? 「セカンドパーティ」も

ファーストパーティ

ファーストパーティ(またはファーストパーティー、first party)は、「当事者」を意味する英単語で、製品を提供するメーカーを指して使われています。ゲーム業界ならゲーム機を発売している任天堂やソニー(SIE)、マイクロソフトが該当します。

サードパーティ

それに対して「サードパーティ」は第三者を意味する言葉で、ある企業が構築したビジネスモデル(=ゲーム業界ならゲーム機、プラットフォーム)に、第三者的に参加する企業を指しています。ゲーム機を発売するハードメーカー3社以外の企業、日本の代表的なメーカーではスクウェア・エニックスやバンダイナムコ、セガ、コナミなどが該当します。

セカンドパーティ

ファーストパーティから発売されるソフトを企画・開発する外部会社(あるいは子会社の開発スタジオ)を「セカンドパーティ」と呼ぶこともあります。「セカンドパーティ」は「ファーストパーティ」「サードパーティ」からの造語として用いられるようになりました。

任天堂の場合はインテリジェントシステムズやHAL研究所、1-UPスタジオ、モノリススタジオ、レトロスタジオなどがセカンドに該当します。SIE の場合はポリフォニー・デジタルやノーティドッグなどがあります。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。