任天堂、スマートデバイス等でのゲームボーイエミュレーションに関する特許を申請。不正アプリ対策か

おそらくは違法なエミュレーター対策として。任天堂が今年6月23日に、USPTO(米国特許商標庁)に「ハンドヘルド(携帯型)ビデオゲームプラットフォームのエミュレーション」に関する特許を申請していたことが明らかになりました。

今回明らかになった特許は、飛行機や列車の座席モニターやスマートフォンなど様々な端末上でゲームボーイソフト(GB、GBC、GBA)のエミュレーションをし、実機と遜色なくゲームを体験できるというもの。

任天堂は以前から新たなプラットフォームで過去の資産を活かす特許を出願していて、今回の申請は2012年にも申請された内容を更新するものであるとのこと。そのため、この特許を根拠として、任天堂が自社以外のプラットフォーム等へ過去資産を提供すると見る向きは殆ど無く(煽り目的のサイトは別として)、不正なエミュレーターアプリ等への対抗策として、見つけた場合に速やかに法的措置をとれるようにするためとの見方が強いようですね。まあそう考える方が自然でしょうね。

任天堂に対しては、業績が落ち込んでいることもあって、キャラクター資産を活かしてスマートデバイスへの進出を提案する外部の声も少なくありません。ただ、任天堂はハードとソフト一体型の自社プラットフォームでのビジネスにこだわりを見せています。過去のソフト資産はWii/Wii U/ニンテンドー3DSで、バーチャルコンソールとして配信中。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。