『やわらかあたま塾』がNintendo Switchで復活、遊びやすさを調整して12月発売

やわらかあたま塾 いっしょにあたまのストレッチ

任天堂は2021年9月2日、Nintendo Switch ソフト『やわらかあたま塾 いっしょにあたまのストレッチ』を2021年12月3日に発売すると発表しました。価格はパッケージ版が3,278円(税込)、ダウンロード版が3,200円(税込)。

ニンテンドーDSソフト『やわらかあたま塾』やWiiソフト『Wiiでやわらかあたま塾』から厳選し、より遊びやすくなるように調整されたストレッチが収録されています。

『やわらかあたま塾』がNintendo Switchに登場

『やわらかあたま塾』は、2005年にニンテンドーDSで発売された脳活性化ソフト。『脳トレ』シリーズなど従来のゲームの常識にとらわれない、ゲームの定義を拡大する Touch! Generations として展開されたシリーズのひとつです。

カタくなってしまったあたまをやわらかくするためのさまざまな問題が収録されており、出題される問題を楽しみながら解いて頭の柔軟体操を行います。その後 2007 年に発売された Wii 版では最大8人でのマルチプレイにも対応しました。

やわらかあたま塾 いっしょにあたまのストレッチ

Nintendo Switch版『やわらかあたま塾 いっしょにあたまのストレッチ』には、DS版・Wii版から厳選されたストレッチがより遊びやすくなるよう調整された上で収録。「直感」「記憶」「分析」「数字」「知覚」の5つのジャンルが用意されています。

やわらかあたま塾 いっしょにあたまのストレッチ

スイッチ本体が1台あれば最大4人で同時に遊べるほか、同じ時間に遊んでいなくても世界中のライバルやフレンド、家族と「やわらかあたま」対決ができる「ゴーストバトル」といった要素も収録。1人でコツコツ問題を解いていくのはもちろんのこと、複数人での対戦を楽しむことができます(※直接のオンライン対戦プレイには対応していないようです)。

Switchの発売ジャンルがより柔軟に?

Touch! Generations の代表格である『脳トレ』シリーズの新作も、Nintendo Switch で発売されています。

海外ではこの8月にポケモンコンテンツを視聴できる『Pokémon TV』アプリがリリースされたり、昨年末にはアニメの『Funimation』アプリが登場。また電子書籍アプリも配信されているなど、当初のゲーム専用機縛りはやや薄れてきたように思います。『ゼルダの伝説』新作や『スプラトゥーン3』など任天堂自身ゲームらしいゲーム開発も続けているわけですが、任天堂の Nintendo Switch 戦略も以前よりいくらか柔軟になっているようです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。