シリーズ第1作目である『ポケットモンスター 赤・緑』(1996年、ゲームボーイ用ソフト)が発売された日で、ポケモンの誕生日である2月27日。「Pokémon Direct 2019.2.27」が放送され、Nintendo Switch向けに開発されているポケットモンスター本編RPGシリーズ(第8世代)の完全新作がついにお披露目されました。

ゲームフリークが開発するシリーズ最新作のタイトルは『ポケットモンスター ソード・シールド』で、発売時期は2019年冬、世界同時発売予定です。

シリーズ完全新作、『ポケットモンスター ソード・シールド』は2019年冬発売予定

任天堂/ポケモンから、ポケットモンスターシリーズの完全新作となるNintendo Switchソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』が発表されました。

これまでのシリーズを遊んできたベテラントレーナーも、Switchで『Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』ではじめてポケモンに触れたトレーナーも、またこれからポケモンを遊んでみようかと考えている、未来のトレーナーにとっても、誰もがワクワクしてアツくなれるポケモンRPG完全新作になっているといいいます。

まったく新しい地方で、まだ見ぬポケモンたち、これまで経験したことのない冒険が待っています。

『ソード・シールド』の冒険の舞台となるのは「ガラル地方」。

ガラル地方は、穏やかな田園風景や近代的な都市、雄大な草原、険しい雪山など、さまざまな表情を持つ広大な地方です。ここでは、人とポケモンが共に暮らしながら、協力して産業を発展させています。

このガラル地方で、主人公(プレイヤー)はパートナーとなる新たなポケモンとともに、このガラル地方に点在する「ジム」をめぐり、憧れのチャンピオンを目指します。

新たな御三家、最初に冒険のパートナーとなる新たなポケモン

第8世代の新たな御三家も紹介されました。

くさタイプは、好奇心旺盛で、やんちゃなこざるポケモンの「サルノリ」。

ほのおタイプは、元気いっぱいで走り回るうさぎポケモンの「ヒバニー」。

みずタイプは、ちょっぴり臆病で、水に隠れて狙い撃つみずとかげポケモンの「メッソン」。

それぞれ個性的な3匹の中から1匹を選ぶところから「ガラル地方」での冒険がはじまります。

「最強のポケットモンスター」をテーマに、開発が進められているという『ポケットモンスター ソード・シールド』。「ガラル地方」でどんな冒険が待っているのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で