スプラトゥーン2』の追加コンテンツ「オクト・エキスパンション」で深海メトロ車内に置かれている雑誌「ハイカラウォーカー」が翻訳・完全再現され、『ハイカラウォーカー バイ スプラトゥーン2』としてA4判の272ページのボリュームで12月28日に発売されます。

「ハイカラウォーカー」とは、ハイカラスクエア周辺の各種スポットを紹介したガイドブックのこと。シオカラ節のグルーブを魂に宿したタコ達のバイブル的な存在で、記憶に刷り込まれるほど何度も読み返している代物らしい。この雑誌を読んで、まだ見ぬハイカラスクエアに想いをはせるのだとか。ちょっと切ない。

そんな「ハイカラウォーカー」が、イカ研究員の全面協力によってイカ語テキストによる誌面の翻訳に成功。完全再現され、ヒトの世界でリアルに出版されます。

ハイカラウォーカー バイ スプラトゥーン2

12月28日に発売される『ハイカラウォーカー バイ スプラトゥーン2』は、DLC「オクト・エキスパンション」のアートワークが網羅されているほか、演出コンテとしてアートディレクターの井上精太氏が描いたマンガも2本まるまる収録。

ハイカラウォーカー バイ スプラトゥーン2

さらに、ファッションデザイナー「タタキケンサキ」氏や「イカラジオ2」開発者インタビュー、グラフィティーアーティストの対談、

ハイカラウォーカー バイ スプラトゥーン2

バンドマンたちのバイオグラフィ、「きの散歩」特別編などなど、新たな情報もてんこ盛り。

ハイカラスクエアの「今」を凝縮した濃厚な書籍となっているそうです。

あくまで深海メトロの車内にあったあの本の翻訳版を強調していますが、ねっとりとしたイカの旨味に負けない超濃厚な内容を期待できそうです。

「ハイカラウォーカー バイ スプラトゥーン2」は2018年12月28日に2,376円で発売。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で