『とび森』ディレクターをはじめ多くの『どうぶつの森』シリーズに携わった毛呂功氏が任天堂を退職

直近のニンテンドー3DS用ソフト『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』や『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』をはじめ、『どうぶつの森』シリーズに初期から携わってきた任天堂の毛呂功氏が、今年に入って任天堂を退職していたことが明らかになりました。自身Facebookページで退職が報告されています。

毛呂氏は近年、主に『どうぶつの森』シリーズを担当。『とび森』では京極あや氏と共同ディレクターを、『ハピ森』ではディレクターを担当していました。それ以前の仕事は、例えば『街へいこうよ〜』だとアシスタント・ディレクターだったり、『おいでよ〜』ではシステムディレクターでした。

その他のシリーズでは、わかっている限りだと『ゼルダの伝説 風のタクト』でのアシスタントディレクターがあります。また『スプラトゥーン2』では、スペシャルサンクスに毛呂氏の名前を見ることができます。

任天堂を離れることにした理由や今後の活動については明らかにされていません。新天地での活躍を期待しています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible