海外:『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』、Nintendo Switch のサードパーティタイトル売上1位に

任天堂の『マリオ』と Ubisoft の『ラビッツ』の Nintendo Switch 向けクロスオーバータイトル『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』。海外では8月に発売された同タイトルの売上が、サードパーティのパッケージタイトルとしてはこれまでで最大を記録しました。

Eurogamer によると、GfK や NPD の集計データに基づいた販売数において、『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』の売上がサードパーティタイトル1位を記録。任天堂ソフトが中心となっている Nintendo Switch ソフトの中で、任天堂キャラクターとのコラボタイトルは純粋な外部ソフトとは言えないかもしれませんが、それでも任天堂以外のメーカーから発売されたタイトルとして、一定の存在感を示しているようです。

任天堂と Ubisoft は年明けに、『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』を日本や韓国、台湾といった地域でもリリース予定。欧米での継続的な販促はもちろんのこと、販売地域を拡大してさらなるヒットを目指します。

マリオ+ラビッツ キングダムバトル
マリオ+ラビッツ キングダムバトル
メーカー: 任天堂
発売日: 2018-01-18

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。