海外:『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』、Nintendo Switch のサードパーティタイトル売上1位に

任天堂の『マリオ』と Ubisoft の『ラビッツ』の Nintendo Switch 向けクロスオーバータイトル『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』。海外では8月に発売された同タイトルの売上が、サードパーティのパッケージタイトルとしてはこれまでで最大を記録しました。

Eurogamer によると、GfK や NPD の集計データに基づいた販売数において、『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』の売上がサードパーティタイトル1位を記録。任天堂ソフトが中心となっている Nintendo Switch ソフトの中で、任天堂キャラクターとのコラボタイトルは純粋な外部ソフトとは言えないかもしれませんが、それでも任天堂以外のメーカーから発売されたタイトルとして、一定の存在感を示しているようです。

任天堂と Ubisoft は年明けに、『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』を日本や韓国、台湾といった地域でもリリース予定。欧米での継続的な販促はもちろんのこと、販売地域を拡大してさらなるヒットを目指します。

マリオ+ラビッツ キングダムバトル
マリオ+ラビッツ キングダムバトル
メーカー: 任天堂
発売日: 2018-01-18

share

Amazon おすすめ情報

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 880 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、9,000 万曲以上を高音質で楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Amazon Music Unlimited