海外:『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』、Nintendo Switch のサードパーティタイトル売上1位に

任天堂の『マリオ』と Ubisoft の『ラビッツ』の Nintendo Switch 向けクロスオーバータイトル『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』。海外では8月に発売された同タイトルの売上が、サードパーティのパッケージタイトルとしてはこれまでで最大を記録しました。

Eurogamer によると、GfK や NPD の集計データに基づいた販売数において、『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』の売上がサードパーティタイトル1位を記録。任天堂ソフトが中心となっている Nintendo Switch ソフトの中で、任天堂キャラクターとのコラボタイトルは純粋な外部ソフトとは言えないかもしれませんが、それでも任天堂以外のメーカーから発売されたタイトルとして、一定の存在感を示しているようです。

任天堂と Ubisoft は年明けに、『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』を日本や韓国、台湾といった地域でもリリース予定。欧米での継続的な販促はもちろんのこと、販売地域を拡大してさらなるヒットを目指します。

マリオ+ラビッツ キングダムバトル
マリオ+ラビッツ キングダムバトル
メーカー: 任天堂
発売日: 2018-01-18

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

各タイトルは単品購入できるほか、月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむこともできます。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。

Audible