スプラトゥーン2:イカ世界にもグローバル化の波、スタート地点が外資系企業の製品にモデルチェンジ

スプラトゥーン2 - スタート地点

2017年夏に発売が予定されている Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 用ソフト『スプラトゥーン2』。公式ツイッター等を通じて、少しずつこの2年の変化であったり、ゲーム内容が公開されていますが、今回はスタート地点に関する情報。『2』では『1』のものとデザインが変更されていますが、その背景には外資系企業の存在がありました。

スプラトゥーン2のスタート地点は外資系企業製

『スプラトゥーン』公式アカウントはツイッターで、スタート地点の見た目の変化について報告。この2年の間にスタート地点のデザインも変更されていますが、どうやらこれまでの国産ではなく、外資系企業の製品が採用されたようです。新モデルの方は、どことなく、圧力鍋の上蓋のような見た目をしています。圧力計のようなものも付いているし。

というか、イカ世界にも外国があるんですね。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。