THQ Nordic、「Nintendo Switch」向けに2タイトルを進行中。さらなる追加プロジェクトにも意欲的

THQ Nordic は5日、Mobile Gaming Studios と Enigma Software Productions の2社から複数フランチャイズを取得したと発表しました。また任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」向けに、現在2つのプロジェクトを進めていることを公式に認めています。

THQ Nordic が、3つのフランチャイズを新たに取得

“THQ” の冠を復活させた THQ Nordic が、ポートフォリオの拡充を進めています。今回は Mobile Gaming Studios から1つ、Enigma Software Productions から2つの、計3フランチャイズを取得。ポートフォリオをより厚くしています。

グループ CEO の Lars Wingefors 氏は今回の買収について

「我々のこれらのタイプのゲームに対する愛情は深く、今回の3つのフランチャイズは自然な買収ターゲットでした」とコメント。一方で、財務的な影響は小規模であるとしています。またファンからのメッセージも買収の後押しになったとのこと。

THQ Nordic が取得したフランチャイズ

Sphinx (and the Cursed Mummy)

メーカー:Mobile Gaming Studios Ltd.
PlayStation 2 や Xbox、ニンテンドーゲームキューブで発売された、古代エジプト神話をベースとする3人称視点のアクションアドベンチャー。

War Leaders: Clash of Nations

メーカー:Enigma Software Productions S.L.
PC向けに発売された、第二次世界大戦を舞台とする、リアルタイム要素も備えるターン制シミュレーションゲーム。

Legends of War

メーカー:Enigma Software Productions S.L.
PSP や PlayStation 3、Xbox 360で発売された、2010年に誕生したターン制シミュレーションゲームシリーズ。

Nintendo Switch 向けに2つのプロジェクトを進行中

Wingefors 氏は、今回取得した 3 IP の中でも『Sphinx (and the Cursed Mummy)』は任天堂ファンに非常にマッチしていると思うし、是非サポートしたいと考えていると述べ、同タイトルの任天堂プラットフォーム対応に前向きです。

続けて、任天堂の新しいプラットフォーム「Nintendo Switch」向けタイトルとして、『Sphinx』とは別に2つのプロジェクトを既に進めていることを公式に認めています。Switch 向けプロジェクトの詳細は機会を改めて行うとのこと。

THQ Nordic はグローバルゲーム市場向けのPC・家庭用ゲームソフトの取得、開発および販売を手がけるメーカー。2016年8月に Nordic Games から社名を変更し、“THQ” 冠を復活させました。

主な事業内容は低迷しているフランチャイズを取得し、リファインして再生させること。2016年10月末現在、75のフランチャイズを保有しています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。