メリル・ストリープ主演のミュージカル映画。共演はピアース・ブロスナンやコリン・ファースなど豪華。とんでも設定でつっこみ始めるとキリが無いけれど、終始ハイテンションで展開され元気の出る楽しい映画でした。

ギリシャの島で小さなホテルを営むドナの愛娘ソフィの結婚式前日、三人の男たちが島にやって来る。父親を知らずに育ったソフィの夢は結婚式でヴァージンロードをパパと二人で歩くこと。かつての母の恋人サム、ハリー、ビルのうちの誰かが自分の父親だと見当をつけたソフィが、内緒で招待状を送ったのだ。式の準備でただでさえ大わらわのドナは、昔の恋人たちの出現に大ショック。果たしてソフィの父親は誰なのか?

ソフィ役のアマンダ・セイフライドが可愛いなあなんて思いながら、テンポ良くどんどん挿入されるミュージカル部分を楽しめるようになってきた自分に気が付いたら、もうラスト間近でした。ミュージカル映画って唐突に歌い始める事に違和感があって、イマイチ苦手意識を持っているんだけど、見たら見たで楽しいですね。特にこの映画は綺麗な景色とABBAの曲でキラキラしているし。

自分の母親がこんなに短期間に次々男性と関係を持つ(しかも妊娠の可能性のある)軽い女性だと嫌だけど、映画なんだし楽しければいいじゃないかと強引にでも思わせるパワフルさ。一応ハッピーエンドで終わることだしね。

ここはおかしい!あれはおかしい!なんて粗探しせずに、ツッコミ部分も含めて楽しく観て気分をアゲていけばいいんじゃないかなあ。最後の最後まで楽しませてくれるし。ああ、でもダンシング・クイーンを聴くとぎゅーっと切ない気持ちになってしまうのは何故なんだ。

B0034YI8J4
マンマ・ミーア!
原題:Mamma Mia!
監督:フィリダ・ロイド
製作:ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース、トム・ハンクス、リタ・ウィルソン
脚本:キャサリン・ジョンソン、ベニー・アンダーソン、ビヨルン・ウルヴァース
音楽:スティッグ・アンダーソン、ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース
出演:メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、ドミニク・クーパー、ジュリー・ウォルターズ、クリスティーン・バランスキー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で