コナミは5日、UEFA(欧州サッカー連盟)と「UEFA EURO 2016」のライセンス契約を締結したと発表しました。

「UEFA EURO(欧州選手権)」は、ヨーロッパ各国の代表チームが参加しナンバー1を決める、4年に一度開催されるサッカーの大陸選手権大会。次回の「UEFA EURO 2016」は、開催国のフランスと予選を勝ち抜いた23カ国が参加し、2016年6月10日〜7月10日にかけて開催されます。予選には史上最多の53カ国が参加。本大会に向けた熱い戦いが繰り広げられています。

コナミとUEFAは、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグにおいてもライセンス契約を締結。複数年にわたって強力なパートナーシップを築いており、今回新たにEUROも加わってその範囲が拡大。前回の2012年大会はEA SPORTSの『FIFA』が対応しましたが、2016年大会は『ウイイレ(PES)』の中で再現されます。

なお、「UEFA EURO 2016」のライセンスは『ウイイレ2016』発売時に収録されているものではなく、発売後に追加。ライセンスの追加方法等の詳細は来年初頭に改めて発表されるとのこと。

[追記]
コナミは『PES 2016(海外版ウイイレ2016)』の「UEFA EURO 2016」DLCについて、無償で提供すると発表しました。

[追記その2]
コナミは国内版『ウイニングイレブン2016』について、EUROコンテンツを加えた新パッケージ『UEFA EURO 2016 / ウイニングイレブン 2016』を発売すると発表しました。既にソフトを購入しているユーザー向けには「DP3.0」で対応します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で