日本語版の配信計画も明らかになった、Yacht Club Gamesのレトロ2Dアクション『Shovel Knight』。

PC/WiiU/ニンテンドー3DSで発売されたのち、対応プラットフォームも拡大し、Xbox One版やPS版ではそれぞれのハードにちなんだキャラクターがゲスト参戦していますが(Xbox One版は『Battletoad』、PS版では『God of War』のクレイトス)、先に発売された任天堂プラットフォーム向けに、彼らが出演を期待しているキャラクターとは。

Yacht Club Games のプログラマー David D’Angelo 氏は Gaming Boulevard とのインタビューの中で、ある風変わりな任天堂キャラクターを指名。

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』で初めて登場し、以降の『ゼルダ』シリーズ本編への出演はおろか、主演タイトルも複数発売されてしまっている(そして日本ではある程度セールス面でも結果を残している)、妖精に憧れるあの35歳独身男性を起用したい意向を明らかにしました。

「任天堂IPを使えるなら願ってもない話です。彼らには非常に多くの素晴らしいキャラクターがいますが……僕は変わり者を選ぶ傾向があるので、チンクルなんかはうってつけでしょうね」

Yacht Club Games は、『Shovel Knight』をさらに充実させるため、新たなボスや新モードの追加といったDLCを開発中。他機種板のように、任天堂プラットフォーム向けにも何らかのゲストキャラクター収録があるでしょうか。チンクルじゃなくてもいいんですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で