シームレスに広大な世界が描かれる、いわゆる「オープンワールド」なゲームとなることがE3 2014で発表された、Wii U『ゼルダの伝説』最新作。まだまだ情報が少なく、どんな形になるのかはっきりとは見えてきませんが、任天堂は他社と異なるアプローチで「オープンワールド」を構築する方針でいるようです。

EDGE最新号でのインタビューの中で、『ゼルダの伝説』総合プロデューサーを務める任天堂の青沼英二氏は、Wii U『ゼルダの伝説』最新作でのオープンワールドについて、近年の他社から発売されているゲームと同様のオープンワールドにするつもりは無いんだとコメント。

宮本茂氏も先日の株主総会で、

(Wii U向けの新しい『ゼルダの伝説』に関して)「オープンワールド」という言葉を私があえて使ったのは、株主様からもご指摘があったとおり、そう申しあげたほうが(お客様に)理解していただきやすいと考えたからです。

ただ、「開発内部での議論においては、一般的に使われている言葉を多用して開発することは、(新しい驚きのあるものをつくっていく上では)私は好きではない」という意味で申しあげましたことを、ご理解いただきたいと思います。

via:2014年6月27日(金)第74期 定時株主総会 質疑応答

とコメントし、“オープンワールド”の一般的なイメージに引きずられることのないアイデアを要求。最新作では任天堂らしい発想で仕上げられた新たな『ゼルダの伝説』を見ることができそうです。

Wii U『ゼルダの伝説』最新作は、シリーズ恒例の延期が無ければ、2015年内に発売予定。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で