ポケモンを最大3,000匹預けることのできるクラウドストレージサービス『ポケモンバンク』および関連ツールの『ポケムーバー』。公式サイトでFAQが公開されているので、幾つか気になる情報をメモ。

ポケモンバンク とは

pokemon_bank

『ポケモンバンク』は、3DSの『ポケットモンスター』シリーズに対応する、インターネット上にある自分専用のボックス。最大3000匹のポケモンたちを預けたり、引き出したりすることが出来るサービスです(30匹を預けられるボックスが100個)。

『ポケモンバンク』で過去作品からポケモンを連れてくることができる。ローカル通信には非対応

『ポケモンバンク』を使うと、過去作品『ブラック・ホワイト/ブラック2・ホワイト2』から『ポケモンバンク』対応ソフトへポケモンを連れてくることができます。その際には『ポケムーバー』という転送ソフトを使います。

その他の手段、これまでのようなローカル通信(3DS/3DS LL間、3DS/DS間)によるポケモンの移動は行えません。

『ポケムーバー』を使って、過去ソフトで集めたポケモンを『ポケモンバンク』へ転送

pokemover

『ポケモンバンク』へポケモンを転送する『ポケムーバー』は、ニンテンドーDSで発売された『ブラック・ホワイト/ブラック2・ホワイト2』に対応しています。

それ以前の過去ポケモンタイトルからの移動については、それぞれ対応するサービス・機能を利用して、いったん『ブラック・ホワイト/ブラック2・ホワイト2』まで移動。そこから『ポケムーバー』と『ポケバンク』を利用して対応ソフトへ連れてくる形になります。

GBA『ルビー・サファイア・エメラルド』から3DS『XY』『ORAS』へポケモンを連れてくる方法

幾つかの手順に沿った操作を行うことで、GBA『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』から『XY』『オメガルビー・アルファサファイア』へポケモンたちを連れてくることができます。

1.「パルパーク」を使ってポケモンを連れてくる方法

GBA『ルビー・サファイア・エメラルド』からNDS『ダイヤモンド・パール・プラチナ』『ハートゴールド・ソウルシルバー』へは、DSのダブルスロットを利用して通信を行う「パルパーク」機能を使って移動が可能です。

*DSファミリーの中でダブルスロット機能の通信ができるのは、DS/DS Liteのみ。
*一度ポケモンを連れていくと、元のソフトへ戻すことはできません。

2.「ポケシフター」を使ってポケモンを連れてくる方法

NDS『ダイヤモンド・パール・プラチナ』『ハートゴールド・ソウルシルバー』からNDS『ブラック・ホワイト/ブラック2・ホワイト2』への移動は、他の地方のポケモンを連れてくることができる「ポケシフター」という機能を使います。

*3DSまたはDSシリーズ本体が2台必要。
*一度ポケモンを連れていくと、元のソフトへ戻すことはできません。

3. 「ポケムーバー」「ポケモンバンク」を使ってポケモンを移動

NDS『ブラック・ホワイト/ブラック2・ホワイト2』から3DS『XY』『オメガルビー・アルファサファイア』への移動は「ポケムーバー」と「ポケモンバンク」を使います。このようにして、ハードの異なる『ルビー・サファイア・エメラルド』から『XY』『オメガルビー・アルファサファイア』への移動が可能です。

注意:『ポケムーバー』は転送ソフト。送ったポケモンを『BW/BW2』へ呼び戻すことはできない

『ブラック・ホワイト/ブラック2・ホワイト2』は、『ポケムーバー』を使った『ポケモンバンク』への “転送” のみ対応。一度『ポケモンバンク』へ送ってしまうと『BW/BW2』へ戻すことができません。『BW/BW2』を継続して遊びたい場合は注意が必要です。

なぜ従来とは異なる、インターネット接続が必要なアプリが必要になるのか

過去作品のような通信交換手段を取れなかった理由については、『ポケモンX・Y』がニンテンドー3DS専用ソフトして開発されたこと、「ニンテンドーDSとニンテンドー3DSとでは、通信機能を含めて様々な機能や仕様に違いがあるため、2種の異なる本体(機種)の対応ソフト間では、直接の通信ができない仕様となっている」とのこと。

過去タイトルから『ポケモンX・Y』へポケモンを連れてくる際は、必ずインターネット環境が必要になります。ですが、たとえ自宅にインターネット環境が無い場合でも、全国のニンテンドーゾーンを利用してアプリのダウンロードや通信が出来ますし、あるいは友人同士のコミュニティで解決することもできるでしょう。

年額500円(税込)の有料サービス。

『ポケバンク』の利用料金は1年(365日)ごとに500円(税込)。ただし、サービス開始から2014年1月31日までのダウンロード分については30日間無料で利用可能です。ポケモンの移動だけであれば、この無料期間中に行うことで、追加料金が発生することはありません。

インターネットを介してポケモンを預けることのできる『ポケモンバンク』。過去作品と通信交換方式が変わり、最初は若干の混乱もあるかもしれませんが、実際にサービスが提供されることで、また対応タイトルが増えていくに従って利便性をより強く実感できそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で