任天堂の元社長である山内溥氏が19日、死去したことが各紙で伝えられています。85歳でした。


ファミコンを世に送り出し、任天堂を無借金経営の世界的なビデオゲームメーカーに成長させた山内氏。「山内語録」と呼ばれる、ズバッと核心を突く名言(時にライバルへの対抗心から出た迷言)も多く残すなど、鋭い先見性とカリスマ性に溢れる偉大な経営者でした。

8月には京都大学から「名誉フェロー」を授与されていましたが、授与式を欠席。「我が国を代表する大学から授与いただき、光栄」とのメッセージを寄せるに止まっていました。

ご冥福をお祈りします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で