Wii U独占だった『Rayman Legends』のマルチプラットフォーム化を発表したUbisoftですが、これを持ってWii Uへの供給が途絶えてしまうという意味ではなく、今後もサポートを継続し、ハイクオリティなゲームを発売していくことを約束しました。


IGNの取材に応じたUbisoftのCEO、Yves Guillemot氏は、

「Ubisoftは、Wii Uの特徴を大いに生かした『Rayman Legends』のような、質の高いゲームを複数Wii U向けに用意しています。任天堂はマーケットで急成長していくために、Wii Uに手を加える必要があるでしょう」

とコメント。任天堂自身もシェア獲得のために動く必要があると語りつつも、Wii U向けタイトルがまだ複数開発されていることを明らかにしています。

発売前にマルチ化、そして他ハードに合わせて発売日も延期されてしまった『Rayman Legends』のニュースは大きな驚きでしたが、今後も協力体制は継続されそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で