2017年3月発売予定ながら、E3 2016には出展されず未だ据置型か携帯型なのかすらヴェールに包まれている任天堂の次期ゲーム機「NX(開発コード名)」。

昨年からポツポツと出てきている任天堂関係者のコメントや、今回 Ubisoft が『 Just Dance 2017 』を対応させると発表したことで、据置型の可能性が高まっていますが、情報を握る Ubisoft はこの新たなハードについて、ディテールへの言及は避けたものの、任天堂は Wii 時代の顧客を取り戻せるだろうと期待を寄せています。

Wii は任天堂のみならず、据置型ゲーム機の歴史上最も売れたハードの1つで、2016年3月末時点で1億台以上を販売。ところが、続く Wii U では1280万台と苦戦しました。

Ubisoft は Wii U 初期から注力していたソフトメーカーの1つで、ファミリー向けに強い任天堂ハードの躓きは同社のファミリーゲームにとっても厳しい環境となりましたが、それでも西洋の大手パブリッシャーとしてはいち早く NX 参入を表明し、対応タイトルを発表。任天堂とは緊密な関係でプロジェクトを進めているといいます。

Ubisoft の EMEA (ヨーロッパ、中東及びアフリカ)担当エグゼクティブ・ディレクター Alain Corre 氏は任天堂とのリレーションシップについて、共同開発の実績もあるし、彼らは本当にクオリティに集中している。それに、ファンタスティックなブランドも持っている。として良好な関係や評価は変わらず。

「そして任天堂は、我々とは非常に異なる方法、また独自の方法でファミリー市場に取り組んでいる。Ubisoft は過去にも任天堂と多くのプロダクトの開発を行い、そして成功も収めてきたが、NX では離れてしまった Wii ユーザーを取り戻すと信じている。だから僕らは彼らの新ハードに対応するし、それに自信をもっているんだ」とコメントしています。

普段ゲームをしない層をも取り込んで、ピーク時には1兆8000億円を越える規模となった任天堂の売上高ですが、そこで入ってきた新規ユーザーを定着させることができず、結果としてはブームのような形に。今ではWii/DS以前の、売上高5000億円規模の会社に戻っています。

任天堂は最近、家庭用ゲーム以外にも、『amiibo』や自社IPの積極活用、スマホ事業とビジネス範囲を拡大。とはいえ「ハードとソフトを合わせたゲームビジネスは、今後も任天堂の事業の中核」だとして、バランスの崩れてしまったゲーム専用機ビジネスの立て直しにも注力しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で