TOKYO CULTUART by BEAMS と『PAC-MAN (パックマン)』がコラボ

“東京” から生み出されるアートやデザイン、カルチャーなどを世界に発信するビームスのプロジェクト「TOKYO CULTUART by BEAMS (トーキョー カルチャート バイ ビームス)」と、ビデオゲームキャラクターの『PAC-MAN (パックマン)』のコラボレーションが実現しました。 パックマンフォントによる BEAMS ロゴやキャラクターが入ったTシャツ、ラバーキーチェーンなど「PAC-M

3COINS × PAC-STORE:タオルやポーチ、ミラー、パスケースなどパックマンのコラボグッズがあれもこれも300円

パックマンの新ブランド「PAC-STORE (パックストア)」と、300円帯を中心とした生活雑貨やアクセサリーなどを揃える「3COINS (スリーコインズ)」のコラボレーションが実現。10月7日より、3COINS全店で限定アイテムが販売されます。

バンダイナムコが欧州で『PAC-MAN Maker (パックマンメーカー)』を商標登録出願、VC 等が配信終了になるなど気になる動きも

バンダイナムコエンターテインメントが18日、欧州連合知的財産庁(EUIPO)へ『PAC-MAN Maker』(パックマンメーカー)を商標登録出願していたことが明らかになりました。用途はゲームを含むソフトウェアやアミューズメント施設のサービスなど。 『パックマンメーカー』という名称から考えるに、任天堂が発売した『スーパーマリオメーカー』のようなものを『パックマン』でも計画しているのかもしれませんが、

マリオやソニックなど、ビデオゲームを象徴する4キャラクターが切手に。アイルランドで発売

アイルランド郵政事業は16日、現代の国際的なカルチャーにおいて最も有名なゲームアイコンを祝福する意味で、象徴的な4キャラクターの切手コレクションを制作。発売を開始しました。