Maroon 5 が Christina Aguileraをゲストに迎えたダンスチューン「Moves Like Jagger」

Maroon 5 と、Christina Aguilera のコラボダンストラック「Moves Like Jagger」。ミック・ジャガーの動きにインスパイアされて出来たというこのトラック。たしかラジオで流れているのを聴いて一発で魅了されたんですよ。で、いつ発売 or 配信されるのか楽しみにしていたはずなんだけど、なんだか確認することを忘れてしまっていて。

WORLD ORDER / WORLD ORDER

元格闘家の須藤元気率いる7人組ダンスパフォーマンス・ユニット、WORLD ORDERの1st mini album『WORLD ORDER』。軽快なエレクトロサウンドが心地よく、なによりPVで7人が見せてくれるダンスは圧巻です。格好いい!総合格闘家時代、試合は勿論入場パフォーマンスも大好きだったので、独特のダンスを見られる3曲分のPVは嬉しいですね。

[2010年ベスト] 今年よく聴いた音楽アルバム7枚

今年は年初から年末まで、好きなミュージシャンの活動再開であったり数年ぶりとなる新譜発売が多くて、個人的にはかなり嬉しい年でした。 その中でも今年発売されて、自分のiTunesでの再生回数が多かったアルバムを7枚紹介してみようと思います。再生回数は追加日の早い方が有利かなと思ったんだけど、並べてみたら意外と最近追加したものも多かった。 音楽不況が叫ばれて久しいですが、来年も素敵な音楽に出会えますよう

note native / Reflect

DJ/プロデューサーとして活動する田尻知之のソロ・プロジェクト「note native」の1stアルバム『Reflect』。ピアノと女性ボーカルを基調とした透明感のあるハウスで、景色に馴染むというか、空気が澄んでくる冬の夜~朝にかけてよく合うんじゃないかと思う。雪が光を反射させるように、ジャケットもなんだかキラキラしてるし。

UNDERWORLD / Barking

先行配信されていた「Scribble」で、コラボチューンとはいえドラムンベースとの見事な融合を果たしたUNDERWORLDの6枚目のアルバム『Barking』。これまでより明るめのポップな曲が多くてミッドナイトのディープな世界から、もう少し明るいところまで出てきたような、キラキラしたアガれるダンスアルバムになっています。

Shinichi Osawa / SO2

Shinichi Osawa名義での2枚目のアルバム『SO2』。CD版は6月30日の発売でしたが、デジタルでは6月16日から先行配信されていました。iTunes版はボーナストラックとして14.「ADDICTED TO THE BASSLINE」が収録されています。ミニマルながら高揚感のある曲もあったり、踊れるエレクトロサウンドが多数。こういう系統の音は好きな方なのでなかなか格好いいなあと思いながら

Shakira / She Wolf

シャキーラ姉さん久しぶりのアルバムは、これまでの路線にエレクトロサウンドを加えたものになっていた。ジャケットからしてマドンナっぽくなってしまってどうしたことかと思っていたけれど、アルバムを通して聴くとこれまでのシャキーラらしさも残っていて安心した。