リクルート住まいカンパニーは2月28日、「SUUMO住みたい街(駅)ランキング2019 関東版」を発表。総合ランキング1位は2年連続で「横浜」となったほか、2位3位も「恵比寿」「吉祥寺」となり、トップ3に関しては昨年から変動はありませんでした。

住みたい街ランキング

近年躍進している「大宮」(2018年9位、2017年15位)は今年4位へ浮上。浦和(2018年10位、2017年19位)も8位にランクイン。このほかも23位に「さいたま新都心」、67位に「武蔵浦和」が入っているなど埼玉の中核的な駅の上昇が目立っています。

東京では「新宿」が7位から5位、「三鷹」は38位から16位、「立川」は22位から18位と順位を上げ、JR中央線の中核駅も上昇を見せています。一方で、「吉祥寺」の隣駅で近年メディアで取り上げられる機会も多い「西荻窪」は89位から108位へダウンしています。

順位駅名
1横浜
2恵比寿
3吉祥寺
4大宮
5新宿
6品川
7目黒
8浦和
9武蔵小杉
10鎌倉
11池袋
12中目黒
13渋谷
14中野
15東京
16三鷹
17二子玉川
18立川
19自由が丘
20表参道
北千住
22舞浜
23さいたま新都心
24船橋
25海老名
26川崎
28千葉
29荻窪
30秋葉原
藤沢
32赤羽
33和光市
34桜木町
35つくば
36上野
37三軒茶屋
38川越
39たまプラーザ
津田沼
41流山おおたかの森
42水戸
43下北沢
44みなとみらい
45町田
46研究学園
47相模大野
48浦安
49新浦安
50有楽町
51守谷
52調布
所沢
54大井町
55西船橋
56銀座
57広尾
58豊洲
59駒込
代々木上原
61代々木
高円寺
63日吉
64青山一丁目
65江ノ島
66辻堂
67武蔵浦和
68大船
市川
70浅草
川口
72戸塚
73代官山
74阿佐ヶ谷
75越谷レイクタウン
76大崎
77府中
78茅ヶ崎
79目白
松戸
81神楽坂
82練馬
国分寺
84新横浜
85六本木
86上大岡
学芸大学
新百合ヶ丘
89京急川崎
90清澄白河
錦糸町
元住吉
海浜幕張
95柏の葉キャンパス
96本八幡
97茗荷谷
蒲田
99高田馬場
武蔵小山

住みたい自治体ランキングは「港区」「世田谷区」がワンツー

「住みたい自治体ランキング」では東京都港区と世田谷区が3位以下を引き離してワンツー。ただし港区は昨年から337ptダウン、世田谷区も139ptダウンとなるなど大きく得点を下げています。東京都以外で唯一のトップ10入りとなった9位の神奈川県鎌倉市は193pt増加。都下で最も人気の高かった12位の東京都武蔵野市は119pt増加となりました。

居住都県別のシェアを見ると、どの自治体も所在都県からの在住者シェアが過半数という結果に。中でも東京都杉並区(10位)は東京都からの投票シェアが75.5%とダントツで高い数字が出ています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で