任天堂、『Wii Sports』をリニューアルしたWii U『Wii Sports Club(Wiiスポーツ クラブ)』を発表。モーションプラス、オンライン対応、1日パスも選べる2つの購入方法

任天堂は18日に配信した「Wii Fit Direct 2013.9.18」の中で、Wiiのローンチタイトルだった『Wii Sports』をWii U向けにリニューアルし、オンライン機能などを追加した『Wii Sports Club』をDLソフトとして10月に発売すると発表しました。


『Wii Sports Club』には、『Wii Sports』に収録されている5つのスポーツ、テニス・ゴルフ・野球・ボウリング・ボクシングのリニューアル版が収録。Wiiリモコンプラス(モーションプラス)専用ソフトとなったことで、初代よりも細やかな動作が可能になっています。

また、待望のオンライン対戦にも対応。Miiverseを活用したシンプルなコミュニケーションも可能になっていて、気軽に対戦したり、ライバルクラブと真剣勝負をして、ランキングを競い合うこともできるとのこと。

『Wii Sports Club』は、窓口となるソフト本体が10月30日にニンテンドーeショップで配信開始予定で、このソフト本体に、各スポーツのソフトを追加ダウンロードしていきます。配信日時点ではテニスとボウリングの2つがリリース。

ボウリングは『Wii Sports Resort』に収録されていますが、テニスは未収録だったので、モーションプラスに対応してどう変わっているのか触るのが楽しみです。

2つの購入方法

Wiiスポーツクラブ 2つの購入方法
『Wii Sports Club』は、各1,000円でそれぞれのスポーツを購入できる「種目別会員パス」のほか、配信済みの全スポーツを200円で24時間遊ぶことのできる「24時間ビジターチケット」が用意されます。ちょっと試してみたいときにはビジターチケットが便利ですね。

なお、ソフトを初めて起動したときから24時間は、起動時に配信されている全てのスポーツを無料で体験できる「体験入会プレイ」も用意されています。

待望のモーションプラス、オンライン対応

シリーズ完全新作ではありませんが、『Wii Sports Club』でリニューアル収録される5種目は、いずれもモーションプラス(Wiiリモコンプラス)専用になり、『Wii Sports Resort』のように、シンプルでありながらより深いゲーム体験が可能になりました。

ボウリングとゴルフ既に『Wii Sports Resort』で体験済みなのである程度勝手がわかりますが、他の3スポーツもモーションプラスの恩恵が大きそう。思わぬところで楽しみなタイトルが出てきてくれました。

さらに「対外試合」としてオンラインにも対応。都道府県別のクラブに入会するような形で、全国のユーザーと対戦ができるようになりました。タイトルが『スポーツクラブ』になったので、リニューアルタイトルの配信だけで終わらず、さらに種目が追加されることも期待してしまいます。

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日
ストレージ: 8GB(ベーシック)/32GB(プレミアム)

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。