マリオカート8』で実装された新機能。レースのハイライト映像を、MiiverseやYouTube(Googleアカウントが必要)へアップロードして他ユーザーと共有することが出来る。

自分のハイライト映像は新しいものから12個分、自動的にMKTVに「新着」として保存されている。それとは別に、お気に入りをメモリアルとして6つ保存できる。

マリオカートTV(ゲーム内)

「新着」「メモリアル」「世界の人気」「世界の新着」「フレンドと大会のハイライト」映像を見ることができる。Ver. 2.0.0への更新により、他ユーザーのハイライトもリメイク可能になった。

ハイライトのリメイク

レース終了後に、自動で作成されるリメイクに加えて注目ドライバーや時間、優先イベントなどを自分好みにリメイク可能。

項目 備考
注目ドライバー ハイライトで注目するドライバーを設定。4人まで選択できる。時間を「すべて」に設定した場合は1人のみ。
優先するイベント 「なんでもOK」「アクション」「アイテム」「ドリフト」「やられたところ」の5項目から選択。
時間 「30秒くらい」「45秒くらい」「60秒くらい」「すべて」から選択可能。「すべて」にした場合は、設定できる項目が「注目ドライバー1」「サウンド」のみとなる。YouTubeへアップロードできる長さは「60秒」まで。
サウンド 「サウンドすべて」「効果音のみ」「BGMのみ」から選択。

MKTV(Web App)

PCやスマートフォン、タブレットデバイスから閲覧可能なWebアプリ版(mariokart.tv)。ハイライト映像はもちろん、タイムアタックのタイムや分布を見ることができる。ニンテンドーネットワークID(NNID)でログインすると、自分やフレンドのレート、ムービー、タイム、オンライン状態を確認することも可能。