UKゲーム市場、2014年は前年比で7.5%増。デジタル市場がさらに拡大

日本では世代交代が難航し、据え置き市場が縮小する事態となっていますが、PS4やXbox Oneの垂直立ち上げに成功したUKビデオゲーム市場の2014年は対前年比で7.5%拡大し、ソフトウェア市場規模が25億ポンドとなったことが英エンターテインメント小売業協会(Entertainment Retailer’s Association, ERA)の報告により明らかになりました。

UK市場、ブラックフライデー週のハード販売は30万台を突破。PS4/XboxOneが牽引、携帯機市場は縮小

PS4『DRIVECLUB』が前週比999%アップを達成するなど、UKではブラックフライデー向けに用意されたバンドルセットが目覚ましい成果を上げた事が報告されていますが、ブラックフライデー週のハード総販売台数は、PS4やXbox Oneの好調により30万台以上を記録したことが明らかになりました。

任天堂UKが語るWiiU販売数の改善「『マリオカート8』発売が転機に」

PS4やXbox Oneが順調に立ち上がったUK市場は、Wii Uが特に苦戦している地域の1つ。しかしながら今年、Wii Uハードのセールスは前年比で60%以上の成長を見せ、任天堂UKは「これまでのところ、2014年はWii Uにとって良いシーズンになっている」とMCVのインタビューでコメントしています。

UK市場のWiiUソフト販売数、『マリオカート8』効果で6月は前年同月比479%増。2014年上半期では112%増

『マリオカート8』の発売によって、特に海外ではハードも含めたWii U市場が活性化していることが伝えられていますが、イギリス市場ではこの6月、Wii Uソフトの販売本数が前年同月比で479%の増加を見せたことが明らかになりました。

UK市場でタブレットが普及拡大。キッズ向けゲーム機利用で3DSを上回る

携帯ゲーム機は、このまま飲み込まれてしまうのでしょうか。 UKのデータ調査・コンサルティング会社Futuresource Consultingがまとめた数字によると、タブレット端末が初めてニンテンドー3DSを上回り、イギリスの子供たちに最も人気のあるパーソナルゲームデバイスとなりました。

2014年3月のUKゲーム市場、『inFamous: Second Son』を退けた『Titanfall』がセールス首位に

MCVから2014年3月期のUKゲーム市場動向が報告され、『Titanfall』が『Thief』や『inFamous: Second Son』といったライバルを退けて月間首位の販売本数を記録したことが明らかになりました。

『LEGO』ビデオゲームシリーズ、2013年はUKで160万本セールス。更なる売上拡大を目指すWarner

『Batman: Arkham』シリーズをはじめとして、質の高い版権ゲームをリリースしているWarner Bros. Interactive。絶えず複数本がUKチャートトップ40に顔を出す『LEGO』ゲームシリーズは同社を代表するフランチャイズの1つで、UK市場では昨年160万本を販売するフランチャイズに成長しました。

2014年1月のUK市場、次世代機効果が続き前年比プラスに。3DSやWii Uも販売拡大

昨年末にPS4とXbox Oneがローンチを迎え、大きな盛り上がりを見せているUK市場ですが、ソフト市場も好調に推移しており、2014年1月のソフトウェア売上は前年比でプラスとなったことが報告されています。

2013年のUKビデオゲーム市場、次世代機発売でハード売上が回復

2013年のUKゲーム市場は、『Grand Theft Auto V』が史上最高販売本数を塗り替えるなど歴史的な数字が幾つか記録されたにもかかわらず、パッケージ市場は本格的な回復を見せるには至りませんでした。 UK市場における2013年のビデオゲームソフトウェア販売本数は3,450万本で、本数ベースでは13%以上減少。しかしながら金額ベースでは前年比3%減に止まりました。MCVによると、PS4/X