Wii U『ゼルダの伝説 風のタクトHD』、GC版でカットされたダンジョンは別のゼルダタイトルに利用。リメイク版へ再収録は無し

意外と早い、9月26日に発売日が決定したWii U『ゼルダの伝説 風のタクトHD』。プロデューサーの青沼氏から後半の調整が明言され、ゲームキューブ版でカットされたというダンジョン収録を期待していた矢先ですが、それらのダンジョンは、既に後のゼルダタイトルで使用されていた事が明らかになりました。

Wii U『ゼルダの伝説 風のタクトHD』、「チンクルシーバー」にニンテンドー3DSが採用されず、新しい遊び「チンクルボトル」が導入された理由

ゲームキューブ用に発売された『ゼルダの伝説 風のタクト』では、「チンクルシーバー」というゲームボーイアドバンス連動アイテムがありましたが、Wii Uのリメイク版『風のタクトHD』では「チンクルボトル」という新たな遊びが導入されています。

Wii U『ゼルダの伝説』最新作は、目新しい斬新な要素が特徴に。青沼Pが語る

「ゼルダのアタリマエを見直す」をテーマに掲げ、鋭意開発が進められているWii U版『ゼルダの伝説』最新作ですが、シリーズの総合プロデューサーである青沼英二氏がEDGEに語ったところによれば、ゲーマーへ向けてサプライズを提案するものになるとのこと

『ゼルダの伝説』プロデューサーの青沼英二氏、『神々のトライフォース2』は「従来の方程式とは異なる」「是非立体視で」

任天堂の世界的なゲームブランドの1つ、『ゼルダの伝説』シリーズで総合プロデューサーを務める青沼英二氏がCNETの独占インタビューに応じ、ニンテンドー3DS向けゼルダ最新作『神々のトライフォース2』についてコメントしています。

任天堂、Wii U『ゼルダの伝説』新作を正式発表。開発テーマは“ゼルダのアタリマエを見直す”

『ゼルダの伝説 風のタクト』のHDリメイクというサプライズ発表があった「Wii U Direct Nintendo Games 2013.1.23」ですが、Wii Uで開発中の最新作についても、開発テーマについてシリーズプロデューサーの青沼英二氏から説明がありました。

メディコム・トイ「UDF 任天堂キャラクターシリーズ」を開始、第1弾はマリオとリンク

メディコム・トイが展開している「ウルトラディテールフィギュア(UDF)」シリーズに、任天堂キャラクターが加わります。シリーズ第1弾として登場するのは、任天堂を代表するキャラクターである『スーパーマリオ』のマリオと『ゼルダの伝説』のリンク。各3バージョンが発売されます。

【比較】Wii実機とWii UのWii互換の違いは?『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』を使ったグラフィック比較映像

Wii UはWii U用ソフトで遊べるだけでなく、前世代機のWiiと互換性があり、Wii用ソフトをWii Uで遊ぶことができます。「Wii メニュー」という機能があり、そのアプリを起動すると、Wii U 上で Wii 専用ソフトや Wii ウェア、Wii バーチャルコンソールソフトを遊ぶことができます(ただし、前々世代のゲームキューブソフトの再生には対応していません)。 Wii U を、あたかも

噂:WiiU版『ゼルダの伝説』最新作は過去最大の開発人数、スカイウォードソードと同系統のビジュアル、最も革新的かつ野心的なゲームに

過去の E3 で Wii U の技術デモという役割を担ったゼルダHDですが、海外メディア Wii U Daily はよく知る日本の情報筋からの情報だとして、任天堂は次のゼルダで大きな賭けに出ていると伝えています。発売は2014年予定。

クラブニンテンドーに新アイテム『ゼルダの伝説ポスターセット 25周年記念&スカイウォードソード 』が登場

ここで25周年アイテム! 任天堂が運営するポイントプログラム、クラブニンテンドーに新アイテム『ゼルダの伝説ポスターセット』が追加されました。ポスターはB2サイズ(約73×52cm)で、「ゼルダの伝説」をテーマにした3枚がセットになっています。

[Wii] ロビン・ウィリアムズがゼルダの起源を語る 『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』海外CM

今度はお父さん単独! ロビン・ウィリアムさんが出演する新しい『ゼルダの伝説 スカイウォード』TVCMが公開されています。今回はプレイせず、まじめに仕事モード。ゼルダ25年の起原と歴史を語る内容となっています。いい声。もう一つ、ゲーム画面のみのCMも。

[Wii] 社長が訊く『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』公開。Wiiモーションプラスでゼルダはどう変わったのか

任天堂の新作ソフト恒例となっている開発者インタビュー、社長が訊く『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』が公開されました。 任天堂史上最大規模のプロジェクトと言われる今回のゼルダ。第1回目の「Wiiモーションプラスがもたらした新操作」篇では、Wiiモーションプラスを使いこなすまでの苦労話や、アイテムから世界設定が生まれていったこと、そして今回の操作に慣れると、「前の操作にはもう戻れない」なんていう話