3DS『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』の発売が前倒しで2013年12月に決定。“ゼルダのアタリマエ”の一部見直しも

任天堂から1日、「Nintendo Direct 2013.10.1」にて、2014年初頭予定だった『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』の発売日が前倒しとなり、2013年12月26日に決定したことが発表されました。

【風タクHD】Wii U『ゼルダの伝説 風のタクトHD』の海外レビュースコア、色褪せない魅力に高い評価

Wii U『ゼルダの伝説 風のタクトHD』海外レビュースコアです。1080pのフルHDで描き出される『風のタクト』のトゥーンな世界とGamePad操作、後半のぺーシングの改善が主な特徴。

任天堂、風タクだけでなく『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』と『スカイウォードソード』もHD版を試していた

次世代機向けの『ゼルダの伝説』を開発するに辺り、過去のゼルダタイトルをHD化する実験の中で強いインパクトがあったことから、製品化が実現した『ゼルダの伝説 風のタクトHD』。 シリーズ総合プロデューサーの青沼英二氏は、『風のタクト』を含めて計 3 つのゼルダタイトルで、HD 化実験を行ったことを明らかにしました。

任天堂・青沼氏が語る『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』におけるルピーの扱い。「過去作品よりも重要性が増す」

苦労して攻略したミッションのご褒美がルピー(通貨)だとがっかりすることも少なくない、お金のありがたみが薄い『ゼルダの伝説』ですが、プロデューサーの青沼英二氏によれば、『神々のトライフォース2』ではルピーの重要性は過去作品よりも増しているということです。

【比較】どこが変わった?『ゼルダの伝説 風のタクト』Wii U版『HD』とオリジナルGC版との違い

2002年にニンテンドーゲームキューブで発売された『ゼルダの伝説 風のタクト』が、2013年 Wii U でHDリメイク。『ゼルダの伝説 風のタクト HD』として生まれ変わりました。フルHD解像度のトゥーンレンダリングで描かれる風タク独特の世界が広がります。 10年前のオリジナル版からどこがどう変わったのか、このページでは『HD』で進化したポイントをまとめています。

青沼氏が語る『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』リメイクの可能性

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のリメイクがニンテンドー3DSで発売されたことで、同じ時間軸の続編である『ムジュラの仮面』のリメイクにも期待する声が上がり、ファンメイドのハイクオリティなフェイク映像や特別仕様の3DS本体画像などがアップされていますが、総合プロデューサーである任天堂の青沼英二氏は、リメイクの開発には慎重なようです。

青沼氏が語るWii U『ゼルダの伝説』最新作のビジュアル「新しいアートスタイルに」

E3 2013への出展も検討されていたという、Wii U向けに開発が進められている『ゼルダの伝説』最新作ですが、ゼルダシリーズプロデューサーの青沼英二氏によれば新しいアートスタイルを採用することが示唆されています。

青沼氏が語る3DS『神々のトライフォース2』、『ゼルダの伝説』シリーズとしては極めて珍しいナンバリング続編となった理由

『ゼルダの伝説』シリーズで総合プロデューサーを務める任天堂の青沼英二氏が海外サイトのインタビューに応じ、ニンテンドー3DSで発売予定の『神々のトライフォース2』について、本作が『ゼルダの伝説』としては極めて珍しいナンバリング続編となった理由を答えてています。

青沼氏が語る『ゼルダの伝説』シリーズのDLC展開「可能性は模索している」

『ゼルダの伝説』シリーズで総合プロデューサーを務める任天堂の青沼英二氏が海外サイトのインタビューに応じ、『ゼルダ』におけるダウンロードコンテンツの扱いについて答えています。

青沼氏が語る『ゼルダの伝説』のプレイ人数、「シングルプレイの可能性を模索していく」

『ゼルダの伝説』シリーズで総合プロデューサーを務める任天堂の青沼英二氏が海外サイトのインタビューに応じ、『ゼルダ』におけるマルチプレイについてコメントしています。

3DS『すれちがいMii広場』の「ピースあつめの旅」に新パネル『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』が追加

任天堂からニンテンドー3DS内蔵ソフト『すれちがいMii広場』の「ピースあつめの旅」に、新パネル『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』が追加されました。完成に必要なピース数は40枚。