『ソニックマニア・プラス』の国内発売が決定、スイッチとPS4で

2017年にデジタルソフトとして発売された『Sonic Mania (ソニックマニア)』に、新要素を加えたパッケージ版『Sonic Mania Plus (ソニックマニア プラス)』。海外向けに今夏発売予定だとしてセガから発表されているタイトルですが、国内向け展開も決定しました。タイトルは『ソニックマニア・プラス』で、対応機種は Nintendo Switch と PlayStation 4。 7

セガ、長編映画『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を2019年11月15日より全世界公開と正式発表 パラマウントと共同制作

セガホールディングスは23日、セガグループのセガ・オブ・アメリカが『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の長編映画(タイトル未定)について、パラマウント・ピクチャーズとの共同制作で合意したと発表しました。ソニックムービーは実写とCGアニメーションを融合したハイブリッド作品として制作され、「2019年11月15日」の北米公開を皮切りとして、順次全世界で公開予定。

『JSR / JSRF』『ソニックラッシュ』『オーリーキング』など、Amazon Prime Music で聴ける長沼サウンド

年会費3,900円または月会費400円で加入できるAmazonプライム会員向け特典の1つ「Prime Music」は、100万曲以上の音楽が聴き放題になるサービス。様々なジャンルの人気アーティストのヒット曲や定番ソングに加えて、映画やゲームのサウンドトラックも聴き放題対象に含まれています。 『ジェット セット ラジオ』などのコンポーザーとして知られる長沼英樹氏の楽曲、明るく鮮やかでノリが良い、様々

『ソニックフォース』、アバター用衣装で『JSR』『ペルソナ5』などセガ/アトラスキャラクターとコラボ

日本国内でも発売日が2017年11月9日に決定した、セガの3Dアクションソニック最新作『ソニックフォース』。 新たに採用されたゲームエンジン「HEDGEHOG ENGINE 2」で描かれる高精細なソニックワールドの中を、モダンソニック、クラシックソニック、第3のヒーローである、シリーズ初のカスタマイズ可能なアバターが駆け抜けるハイスピードアクションゲームですが、ソフト単品の通常版に加えて、アバター

『ソニックマニア』、英国で販売好調。懐かしくて新しい23年ぶりの2Dクラシックソニック最新作

8月15日に海外で発売された(日本では8月16日)、2Dクラシックソニックの新作『Sonic Mania (ソニックマニア)』。デジタル販売のため、小売店で販売されるパッケージ版のセールスを元に集計されるUKチャートには登場していませんが、23年ぶりに登場した原点回帰の最新作は、セガによると非常に好調な立ち上がりを見せています。

映画『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』公開予定時期は「2019年」に

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントと、セガサミーグループのマーザ・アニメーションプラネットが共同で制作を進めている、セガの人気キャラクター「ソニック」の新作映画『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』。 このソニックの新作CG映画は2014年6月に映画化が発表。2016年には「2018年公開予定」であると、セガサミー HD の CEO 里見治氏から公開時期が明らかにされていました。 どのような内容になる

3DCGアニメ『ソニックトゥーン』、7月1日より Netflix で第1シーズン全52話が配信開始

国内では Netflix にて配信予定と発表されている 3DCG アニメ『ソニックトゥーン』の日本語吹替版の放送開始日が2017年7月1日に決定しました。 『ソニックトゥーン (原題: Sonic Boom)』は、2014年から北米など世界100カ国以上で放送された、セガを代表するキャラクター「ソニック」の最新 3DCGTV アニメシリーズ。その第1シーズン全52話が、日本語吹替にて、国内 Net

グリーンヒルのゴールの瞬間を切り取った、F4Fのソニック25周年スタチュー

セガの人気キャラクター、音速のハリネズミ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」。2016年で25周年の節目を迎えていますが、ソニック誕生25周年を記念するスタチュー『SONIC THE HEDGEHOG 25TH ANNIVERSARY』が、First 4 Figures から発売されます。 発売時期は2018年第2四半期。 価格は通常版/エクスクルーシブ版ともに384.99ドル(約4.2万円)。

自分だけのヒーローで世界を救え、『ソニックフォース』ではシリーズ初のキャラクターカスタマイズ搭載

25周年を迎えたソニックの新たな一手として発表されている、シリーズ最新作『ソニックフォース』。新たなトレーラーが公開され、モダンソニック、クラシックソニックに加えて、第3のヒーローとして、シリーズで初めて自分だけのキャラクターを作成できる機能が搭載されることが明らかになりました。