セガ、『ソニック』の“エキサイティングなニュース”発表タイミングを待っている。開発期間をより長く確保し高クオリティなものを提供

“まだ明らかにできないけど、エキサイティングなニュースがある” 1999年にドリームキャストで発売された『ソニックアドベンチャー』で復活して以降、毎年のようにアクションゲーム新作が発売され、走り続けてきたセガのソニックシリーズ。 ただここ最近の直近タイトルは2017年に発売された『ソニック フォース』で、これまでのリリース間隔を考えるとソニックとしては長い休養期間、2年以上新作に関する情報がない状

Switch『SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』の特徴やプラスされた新要素・新機能

往年のセガの名作タイトルを、現代に甦らせるプロジェクト「SEGA AGES」(セガ エイジス)。できるだけオリジナルに忠実な再現を目指し、それでいてオリジナル版や過去の移植版になかった新たな追加要素を盛り込んで、今遊んでも楽しめるよう復刻されています。 第16弾は『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の続編として1992年にメガドライブで発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』。シリーズ屈指の人気作品が

セガ、将来のソニック新作タイトルでも短編アニメを制作

『ソニックマニア』および『ソニックマニアプラス』や『チームソニックレーシング』のプロモーションで、ソニックのショートアニメを制作したセガ。ソニックの世界観をユーモラスに描いた素敵なコンテンツでファンから高評価を受けていますが、今後の新作でも新作アニメを見ることはできるのでしょうか。 セガ・オブ・アメリカのアニメーション部門ディレクターで、ソニックの短編アニメーションをプロデュースしたYukio K

『たべごろ!スーパーモンキーボール』に“ソニック・ザ・ヘッジホッグ”が登場、特別仕様で駆け抜ける

PlayStation 4/Nintendo Switch/Steam用ソフトとして復活をはたす『たべごろ!スーパーモンキーボール』に、セガゲームスのマスコットキャラクター“ソニック・ザ・ヘッジホッグ”が隠しキャラクターとして登場します。

ソニックにとって次の重要な年は2021年、30周年記念タイトルも

今年のSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)にて、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズの最新作の開発を進めていることを明らかにしたセガ・ソニックチーム。 新作の具体的な情報が解禁となるのはまだ先のことになりそうですが、生誕30周年の節目となる2021年へ向けた準備も着々と進められているようです。

【比較】『チームソニックレーシング』Nintendo Switch版の特徴やPS4版との違い、携帯モードでのパフォーマンス

3人1組でチームを組んでレースへ挑むセガのレースゲーム『チームソニックレーシング』。Sumo Digitalが手がけるソニックシリーズのキャラクターが登場するレースゲームとしては、『ソニック&オールスターレーシング TRANSFORMED』以来の新作となります。 対応機種はNintendo SwitchやPlayStation 4、Steam、Xbox One(海外のみ)。 このページで

【ソニック】次のアクション本編はいつ発売?セガはシリーズ最新作の開発を明らかに

SXSW 2019 (South by Southwest、サウス・バイ・サウスウエスト) にて実施されたセガの「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」パネルにて、ソニックチームが手がける『ソニック』メジャーシリーズ最新作の開発が始まっていることが明らかになりました。 詳細は後日発表予定。

2019年に発売延期の『チームソニックレーシング』、海外版は5月21日に発売

ゲームのさらなるクオリティアップを理由に、発売時期を「今冬」から「2019年」へと変更されたセガのソニックシリーズ最新作『チームソニックレーシング』(開発は『ソニック&オールスターレーシング TRANSFORMED』などを手がけたSumo Digital)。欧米での発売日は「2019年5月21日」になるとアナウンス。年度をまたいだ延期となってしまいました。

噂:ソニック2タイトルを同梱する『ソニック ダブルパック』がNintendo Switchなどで発売

定期的に新作がリリースされているセガのキャラクター「ソニック」。この冬はチームで協力して勝利を目指すレースゲーム『チームソニックレーシング』の発売が予定されていますが、セガはさらに、『Sonic Double Pack』というソニック2作品を1つにまとめたパッケージの発売も計画しているようです。