セガのゲーム販売好調、『ソニック』などセガサミーHDの業績改善に貢献

セガサミーホールディングスは2021年2月12日、2021年3月期第3四半期決算(2020年4月〜12月)を発表。巣ごもり需要を背景に家庭用ゲームを含むコンシューマ分野が数字を伸ばしています。 2021年に30周年を迎えるソニック関連タイトルは2020年4−12月に約370万本を販売。約360万本の『Total War』を上回り、最も売れたフランチャイズでした。

【ソニック30周年】 FunkoやJakks Pacificなど様々なブランドから記念製品が発売へ、さらなる計画も

セガ・オブ・アメリカは2021年で誕生から30周年を迎える「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」について、30周年記念ロゴを公開し、様々なソニック30周年記念プロダクトを発売していく計画を正式に発表しました。 Dark Horse Comics や Funko、Jakks Pacific、King Ice、Graph Gaming など著名な会社と提携した製品群が展開。第1弾は12月より発売されます。

【ソニック30周年】新作ゲームやデジタルコンテンツ、イベントなどが含まれる

再び走り出す。 1991 年に誕生したセガのキャラクター「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」。2021 年で 30 周年を迎えます。 セガはかねてから、このアニバーサリーイヤーに向けたプロジェクトの存在を明らかにしていますが、新しい広告の中でも新作に触れていることが明らかになりました。

セガ、『ソニック』の“エキサイティングなニュース”発表タイミングを待っている。開発期間をより長く確保し高クオリティなものを提供

“まだ明らかにできないけど、エキサイティングなニュースがある” 1999年にドリームキャストで発売された『ソニックアドベンチャー』で復活して以降、毎年のようにアクションゲーム新作が発売され、走り続けてきたセガのソニックシリーズ。 ただここ最近の直近タイトルは2017年に発売された『ソニック フォース』で、これまでのリリース間隔を考えるとソニックとしては長い休養期間、2年以上新作に関する情報がない状

Switch『SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』の特徴やプラスされた新要素・新機能

往年のセガの名作タイトルを、現代に甦らせるプロジェクト「SEGA AGES」(セガ エイジス)。できるだけオリジナルに忠実な再現を目指し、それでいてオリジナル版や過去の移植版になかった新たな追加要素を盛り込んで、今遊んでも楽しめるよう復刻されています。 第16弾は『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の続編として1992年にメガドライブで発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』。シリーズ屈指の人気作品が

セガ、将来のソニック新作タイトルでも短編アニメを制作

『ソニックマニア』および『ソニックマニアプラス』や『チームソニックレーシング』のプロモーションで、ソニックのショートアニメを制作したセガ。ソニックの世界観をユーモラスに描いた素敵なコンテンツでファンから高評価を受けていますが、今後の新作でも新作アニメを見ることはできるのでしょうか。 セガ・オブ・アメリカのアニメーション部門ディレクターで、ソニックの短編アニメーションをプロデュースしたYukio K

『たべごろ!スーパーモンキーボール』に“ソニック・ザ・ヘッジホッグ”が登場、特別仕様で駆け抜ける

PlayStation 4/Nintendo Switch/Steam用ソフトとして復活をはたす『たべごろ!スーパーモンキーボール』に、セガゲームスのマスコットキャラクター“ソニック・ザ・ヘッジホッグ”が隠しキャラクターとして登場します。