マクドナルド、6月1日より全国のマック店舗で「楽天ポイントカード」に対応。楽天スーパーポイントが使える、貯まる

楽天と日本マクドナルドが、楽天の共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」で提携したことを発表。この提携により、6月1日より日本全国のマクドナルド約2900店舗で、楽天ポイントカードを利用できるようになります。

余ってるポイントで資産運用、楽天証券で「楽天スーパーポイント」を使った投資信託の購入が可能に

楽天市場をはじめとする楽天グループや、「楽天ポイントカード」加盟店での買い物に利用できる「楽天スーパーポイント」。いつもの買い物だけでなく、楽天グループ会社の証券会社・楽天証券が取り扱う投資信託の購入が可能になりました。 サービス開始は今夏が予定されています。

トーハン取引先書店で「楽天ポイントカード」が導入可能に、楽天とトーハンが提携

楽天は25日、出版取次大手のトーハンと、共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」で提携したと発表しました。 この提携により、トーハンが今秋にも提供開始を予定している POS レジの導入書店のうち、「楽天ポイントカード」サービスを提供する店舗において、書籍等の商品会計時に「楽天スーパーポイント」を貯めたり支払いに使ったりできるようになるということです。

楽天がJリーグの「オフィシャルECプラットフォームパートナー」に、『Jリーグオンラインストア』のリニューアル&運営支援

楽天とJリーグ(日本プロサッカーリーグ)は24日、Jリーグの「オフィシャルECプラットフォームパートナー」契約の締結で合意したと発表しました。 楽天はこの契約に基づいて、Jリーグと連携し、Jリーグが運営するJ1・J2・J3クラブのスマホカバー等オーダーグッズを販売する「Jリーグオンラインストア」を、7月中旬をめどにリニューアル。その後の運営支援を行っていきます。

楽天が英語教育事業に参入、総合英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始

「社内公用語英語化」で知られる楽天が英語教育事業に参入しました。総合英語学習サービス「Rakuten Super English(楽天スーパーイングリッシュ)」を、21日より開始しています。社内公用語の英語化で培った豊富なノウハウを活用して、テクノロジーによる英語力強化ツール提供や、企業・団体への英語化コンサルを行っていくということです。 プロジェクトの第1弾として、Lingvist(リングビスト

楽天、日本郵便との連携を強化し再配達の削減に向けた新たな取り組み。初回で受け取れば楽天ポイント付与など

楽天と日本郵便は5日、EC物流における不在再配達削減に向けた取り組みで、両社の連携を強化していくと発表しました。 インターネット通販市場の拡大により、運送会社の取り扱う荷物の総量は年々増加。ドライバーの長時間労働や人材不足が深刻化しています。中でも、宅配に占める不在再配達の比率の高さが問題となっていて、その低減を目指して今回の連携強化につながったということです。

日本ビューホテルが「楽天ポイントカード」を導入、系列ホテルやレジャー施設でポイントが貯まる使える

日本ビューホテルが楽天の共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を導入しました。全国の日本ビューホテル系列ホテルやレジャー施設で楽天スーパーポイントが貯まるほか、支払いにポイントを利用することができます。ホテルで「楽天ポイントカード」を採用するのは、日本ビューホテルが初めてだということです。

リユース品販売のコメ兵が「楽天ポイントカード」を導入、KOMEHYOポイントとの2重取りも可能

リユースデパート「KOMEHYO」を運営するリユース業界大手のコメ兵が、楽天の共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を導入しました。全国35店舗の KOMEHYO で利用可能です。また従来の「KOMEHYOポイント」も引き続き利用でき、「楽天スーパーポイント」との二重取りも可能です。

楽天ポイントカードがマクドナルド(大阪市内)に対応、マックで楽天スーパーポイントが貯まる・使える

楽天スーパーポイントが貯まる・使える共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」が、3月8日より大阪市内のマクドナルド88店舗で利用可能になりました。会計時に「楽天ポイントカード」もしくは「楽天ポイントカードアプリ」を提示することでポイントを貯めることができます。また、ポイントを使って料金を支払うこともできます。 ポイント還元は110円(税込)につき1ポイント。