任天堂、『ポケモンGO』の爆発的ヒットで時価総額3兆円を回復。株価は年初来高値を更新

アメリカを中心に配信地域での大ヒットが伝えられる、『ポケットモンスター』のスマホアプリ『Pokémon GO』ですが、開発元の Niantic やポケモンに出資する任天堂の株価も年初来高値を更新し時価総額3兆円台を回復するなど大きく反応しています。 『Pokémon GO』は今のところ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの3ヶ国で配信。配信が始まった6日から7日にかけては好感しつつも様子を

『Pokémon GO』、米国で『Twitter』に迫る利用者数(DAU)を記録

6日にオーストラリアとニュージーランド、そしてアメリカで配信がはじまった、ポケモンのリアルワールドゲーム『Pokémon GO』。さっそくの人気でサーバーが需要に追いつかない事態となり、4ヶ国目以降での配信開始に苦労しているほどですが、Android 版アプリの勢いを示す興味深いデータが SimilarWeb から公開され、その驚異的な規模が見えてきました。

『Pokémon Go』、想定以上の人気でサーバーに過負荷。日本を含め配信スケジュールが見直しに

7月6日にローンチを迎えた、『ポケットモンスター』のスマホ向けリアルワールドゲーム『Pokémon GO (ポケモンGO)』。配信が開始されたのはオーストラリアとニュージーランド、そしてアメリカの3ヶ国で、日本を含むその他の国や地域でも「まもなく」とアナウンスされていますが、あまりの人気によりサーバーのキャパシティを上回るトラフィックが発生。チームは2次配信以降のスケジュールを見直し、まずこの問題

『Pokémon GO』、App Storeの売上ランキングで1位。任天堂の株価も上昇

6日にオフィシャルローンチを迎えたポケモンのスマホアプリ『Pokémon GO』。遂に登場した現実空間でポケモンをゲットできるリアルワールドゲームは予想通り各地のランキングで鮮烈なデビューを飾っています。 『Pokémon GO』は、配信が開始されたアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの3地域すべての App Store 無料アプリランキングでトップとなっただけでなく、売上を示すトップセール

『Pokémon GO』がオフィシャルローンチ、アメリカで配信開始。新トレーラーも公開

ポケモン・カンパニー・インターナショナルと Niantic, Inc. は6日、iOS/Android向けアプリ『Pokémon GO』をオーストラリアやニュージーランド、およびアメリカでリリースしたと発表しました。カナダやヨーロッパ、南アフリカ、そして日本でも近日配信開始予定。

iOS/Android『Pokémon GO』が一部の国で配信開始、日本向けは「もうちょっとだけ先になります」

『Ingress』のNianticとポケモン、任天堂によるスマホ向けアプリ『Pokémon GO』が、オーストラリアなど一部の国で配信開始となったようです。iOS版、Android版ともにローンチ。Android版は日本語ページもありますが、まだ対象国には含まれていないもよう。

『ポケモンGO』開発中のNiantic、フジテレビなどから500万ドルを調達

位置情報ゲーム『Ingress』や、現在『Pokémon GO』を開発中の Niantic, Inc. は26日、フジテレビなどからシリーズAの追加資金として500万ドルを調達したと発表しました。出資者の1人であるGilman Louie 氏はナイアンティックの取締役にも就任します。 今回出資したのは日本のテレビ局であるフジテレビや Alsop Louie Partners、You &