コナミ、チリサッカー協会とライセンス契約合意を発表。1部所属18クラブが『ウイイレ2014(PES 2014)』に収録へ

チリサッカー協会から先んじて契約合意が発表され、『ウイニングイレブン2014(Pro Evolution Soccer 2014)』にプリメーラ・ディビシオン収録が明らかになっていましたが、コナミからも正式に契約合意が発表されました。

『FIFA 14』『ウイイレ2014(PES 2014)』、チリ1部リーグを収録へ

EA SPORTSとコナミがチリの1部リーグ、プリメーラ・ディビシオンのライセンスを取得し、両社の人気サッカーゲーム最新作『FIFA 14』と『ウイニングイレブン2014(Pro Evolution Soccer 2014)』に収録されることが伝えられています。

『ウイイレ2014(PES 2014)』、アルゼンチンリーグのプリメーラ・ディビシオン20クラブが収録

AFCチャンピオンズリーグやブラジルクラブの収録に続いて、『ウイニングイレブン2014(Pro Evolution Soccer 2014)』にアルゼンチンリーグのプリメーラ・ディビシオン所属20クラブが収録されることが明らかになりました。

コナミ、『ウイイレ2014』で次世代機(PS4、Xbox One)対応を見送った理由を説明

今年秋に発売予定の『ウイイレ』シリーズ最新作、『ワールドサッカーウイニングイレブン2014』ですが、年末ローンチ予定のPS4、Xbox Oneへの対応が無いことをコナミの広報担当者が海外サイトで明らかにしています。

『PES 2014(ウイイレ2014)』、コミュニティーマネージャーがWii U非対応の理由に言及。「ビジネスにならない」

ティザートレーラーに続いてコナミから正式発表された『ウイニングイレブン2014』。プレスリリースではPS3、Xbox 360、PSP、PCの4機種に限られ、ハードの研究を行なっていると過去に言われていたPS VitaやWii U、そしてニンテンドー3DSへの対応は発表されませんでした。

コナミ、AFCとの契約を正式発表。『ウイニングイレブン』次回作よりACLが収録

アジアサッカー連盟(AFC)がコナミと契約を締結したことが海外で報じられ、サッカーゲーム『ウイニングイレブン』シリーズにAFCチャンピオンズリーグが収録されるのではと20日にお伝えしましたが、コナミより正式にAFCとの間でACLゲーム化に関するライセンス契約を締結したことが発表されました。

『FIFA 14』『PES 2014』(ウイイレ2014)、ブラジルリーグ所属クラブのライセンス契約状況

EAから公式アナウンスがまだ無いのにもかかわらず、ぽろぽろ情報が出始めている『FIFA 14』ですが、イングランド5部の『Blue Square Premier』収録に加えて、「ブラジル全国選手権」所属クラブのライセンスについても更新があるようです。