任天堂、「ニンテンドー3DS」の国内販売500万台突破を発表。52週目での達成は過去最速

任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」が、推定累計販売台数500万台を突破しました。2011年2月26日の発売から52週目での達成で、この普及速度は国内のゲームハードでは過去最速。「ニンテンドーDS」は56週目、「ゲームボーイアドバンス」は58週目での到達でした。

【Wii】これがオススメ!今から遊んでも面白い、Wii の名作ソフト 傑作ベストゲーム選

2006年に任天堂が発売した家庭用ゲーム機「Wii (ウィー)」。累計で1億台以上を販売している、ファミコンやスーパーファミコンよりも普及した任天堂市場最も売れた据置型ゲーム機です。 2012年に次世代機「Wii U (ウィーユー)」が発売されたことで世代交代を迎え、さらに2017年には「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」が登場。発売から10年以上が経つ Wii はなかばレ

任天堂、これまで以上に他社との連携を強化

任天堂の第3四半期決算説明会の質疑応答が公開されました。DS/Wiiの維持と3DS/Wii Uという複数プラットフォームを軌道に乗せる舵取りのアプローチをどうするのかという質問に対し岩田社長は、「経営をする上で一番大事なことはフォーカスすることで、今何に集中するべきなのかが重要だと思っている」と答え、3DSプラットフォームの加速とWii U立ち上げが二大フォーカスであると語っています。

任天堂、3DS向けに “タッチジェネレーションズ” のようなユーザー層拡大を狙えるタイトルを準備中

ニンテンドー3DS向けにも「タッチジェネレーションズ」相当のタイトルを準備中。 任天堂の第3四半期決算説明会の質疑応答が公開されました。その中で3DSのカジュアル層獲得の施策についての質問を受けて、任天堂の岩田社長は、今年発売ソフトでまだ未発表ながら、ユーザー層拡大を狙えるタイトルを幾つか用意していることを明らかにしました。

『スーパーマリオ 3Dランド』が3DS初の500万本突破!他、任天堂の2011年4-12月のミリオンセラータイトル

任天堂の第3四半期決算説明会資料において、2011年4-12月のミリオンセラータイトルが明らかになりました。この資料の数字は四半期毎に公開されているものです。9月までは6タイトルしかありませんでしたが、12月までになると18タイトルと、年末商戦を終えドカッと増えています。

任天堂の岩田社長、追加コンテンツ配信・ダウンロード販売について改めて任天堂のスタンスを語る

27日に行われた任天堂の第3四半期決算説明会において、岩田社長は任天堂が行う追加コンテンツ配信やダウンロード販売について、改めてスタンスを語りました。 任天堂が扱う追加コンテンツ配信はどうあるべきか、岩田社長が語る場面は過去にも何度かありました。それでも理解されないまま報道されてしまう場面が多々あり(どうしてもソーシャルゲー的なアイテム課金の流れに持っていきたいみたいですね)、本腰を入れてデジタル