3DSやWii U、スマホ、そしてNXについてなど、任天堂のQ3決算説明会の質疑応答まとめ

2月3日に行われた任天堂「2016年3月期 第3四半期決算説明会」君島社長の質疑応答まとめ。 3DSのビジネスは2017年3月期も重要な柱。Wii Uは普及台数で苦戦するものの、『スプラトゥーン』や『スーパーマリオメーカー』のようなタイトルを出したい。NXに関しては、通期の決算説明会でもう少し具体的な話が出てきそうなど。

任天堂・君島社長が語る“NX”:「WiiやWiiUの直接後継ではない」「コードネームの由来は聞けなかった」

任天堂が2016年に詳細を発表予定である次期ゲーム専用機「NX」。詳細発表までまだ時間がかなりあるあのタイミングで次期ハードについて話が出てしまったことで様々な噂が飛び交っていますが、噂や憶測についていちいち回答しない任天堂は口を閉ざしたまま。 TIMEとのインタビューで任天堂の君島社長は「NX」について少し口を開き、とはいえ岩田前社長が語っていたことからそう変わりはないのですが、「NX」はユニー

任天堂、次期ハード「NX」の開発キットをデベロッパー向けに提供開始。据置と携帯の垣根を無くす存在に?

任天堂が2016年に詳細を発表予定としている次期ハード「NX」。一般向けに発表されるのはまだ先ですが、主要パートナー向けには開発キットの提供が始まり、早ければ2016年内に発売されるのではとの見方が広がっています。

『マリギャラ』路線の継続はある?『スーパーマリオギャラクシー3』が発売される可能性について任天堂・宮本氏がコメント

Eurogamerの取材の中で、『ピクミン』新作を開発中であることを明らかにした任天堂・宮本茂氏。インタビューでは『スーパーマリオギャラクシー』シリーズの話も出ていて、任天堂自身も新作の機会を探っていることが、改めて明らかにされました。

新ハード「NX」の開発から一線を引く任天堂・宮本茂氏「意思決定には関与しない」

過去の任天堂ハードでは、ソフトのみならずハード開発(特にコントローラ面)にも深く関与してきた宮本茂氏ですが、任天堂が2016年に詳細を発表予定の新型ゲーム専用機「NX」の開発ではこれまでとは異なり、一線を引いた立場から進捗を見守っているようです。

任天堂『メトロイドプライム』プロデューサー「今から新作を開発するならWiiUではなくNX向け」「ナンバリングを続けたい」

3DS向けに『Metroid Prime: Federation Force』が発表され、再び動き出した『メトロイド』シリーズ。今回は携帯ゲーム機向けということで、据置ゲーム機向けの新作も気になるところですが、ひょっとすると僕らは現行機であるWii Uで『メトロイドプライム』新作を見られないかもしれません。

任天堂、「新型ゲーム機“NX”のOSはAndroid」報道を否定「そのような事実は無い」

「『NX』のOSが“Android”だという事実はありません」 任天堂が2016年に発表予定の『NX』。任天堂がゲーム専用機ビジネスに強い情熱を持ち続けている証明として、スマホ本格参入を発表したDeNAとの協同記者発表会で、開発中であることが発表された新型ゲーム専用機です。

任天堂、次世代ゲーム機「NX」ではリージョンロック解除の可能性。岩田社長「私としては前向きに考えたい」

Wii Uとニンテンドー3DSといった任天堂の現行ゲーム機では、ビジネス的な観点や様々な課題から、当該地域外で発売されたソフトウェアを遊ぶことができない、いわゆるリージョンロックがかかっている仕様ですが、将来的にはこの制限を解除し、他機種で見られるように、海外版を遊べる日が来るかもしれません。

任天堂、全く新しいコンセプトの新型ゲーム機プラットフォーム“NX”を開発中「専用機ビジネスに対する情熱を持ち続けている」

任天堂の岩田社長はDeNAとの業務・資本提携の共同記者会見の中で、新たなゲーム専用機プラットフォーム“NX”を開発中であることを明らかにしました。