Nintendo Switch、現時点で開発中であることが判明している50近い対応タイトルリスト

13に開催されたプレゼンテーションにて、発売日や価格、ソフトウェアラインナップなど詳細情報が明らかになった Nintendo Switch。任天堂によると、50社以上が対応ソフトを開発しており、1月13日時点で80以上のタイトルが開発中ということです。プレゼンテーションにて公開された映像を含め、現時点で明らかになっているソフトをざっくりまとめてみました。

Nintendo Switch の本体スペック:サイズや保存メモリ、TV/携帯モード時の画面解像度、バッテリー持続時間・充電時間など

2017年3月3日にローンチが決定した、任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」。気になる本体重量やメモリ、TV画面表示時と携帯モードで異なる画面解像度、バッテリーなどの本体仕様も明らかになりました。

「Nintendo Switch」ではオンラインサービスが有料化、オンラインプレイやボイスチャット、オンライン対応VCなど様々なサービスが提供

ニンテンドーDSや3DS、Wii、Wii Uでは、オンライン対戦・協力プレイなどのインターネットサービスを無料で提供してきた任天堂。新型ゲーム機「Nintendo Switch」では、ついに有料化に踏み切ります。

周辺機器のホリも Nintendo Switch に参入、本体保護カバーやスキンシール、充電機器、アーケードコントローラーなど任天堂公式ライセンス商品が多数発売

Nintendo Switch でもホリの周辺機器が盛りだくさん。 13日のプレゼンテーション、14・15日の体験会開催が迫る、任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」。3月のローンチに向けた準備を進めているのは任天堂やソフトメーカーだけではありません。 おなじみ周辺機器メーカーのホリもまた、大量のスイッチ関連アイテム(もちろんいつものように任天堂公式ライセンス商品)を発売する計画の

噂:Switch版『スプラトゥーン』ではイカに加えてタコゾネスも操作キャラに

Nintendo Switch のアナウンストレーラーに映像が含まれ、新作の期待も高まる『Splatoon (スプラトゥーン)』ですが、Wii U 版では最後まで操作可能とならなかったタコゾネスが、Switch 版では操作可能になるとの情報が、Unseen 64 の Liam Robertson 氏から。

RCMADIAXが2017年の計画でNintendo Switch対応を表明、New3DSやWiiUにも複数タイトルを投入

『ブロークドロップU』や『ヒラメキパズル テトグラム』『スーパーロボマウス』などのタイトルを開発しているデベロッパー RCMADIAX が、任天堂プラットフォーム向けに予定している2017年のリリーススケジュール概要を発表。 ニンテンドー3DSや Wii U だけでなく、任天堂が3月に発売予定の新型ゲーム機 Nintendo Switch の対応ソフトも複数含まれていることが明らかになりました。

Nintendo Switch、FCC提出資料からネットワークやUSB、電源、バッテリーなどハードウェア情報の一部が判明

13日の詳細発表プレゼンが迫る任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」ですが、アメリカの連邦通信委員会(FCC, Federal Communications Commission)に提出された資料から、バッテリーや無線通信、USB、電源などハードウェア情報の一部を確認できます。

Epic Games「Unreal Engine 採用の Nintendo Switch タイトルがたくさんある」

Epic Games のゲームエンジン「Unreal Engine」。もとは自社のFPS開発のためのゲーム開発エンジンでしたが、今では多くのジャンルのゲームに採用されています。同エンジンの最新バージョンである「Unreal Engine 4」は、任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」にも対応していますが、どうやら UE4 を採用したプロジェクトは少なくない数が動いているようです。

1月の「Nintendo Switch 体験会 2017」で「スペシャルビッグバンド」と「スペシャルロックバンド」のゲームミュージックライブが開催、スイッチが当たる抽選会も

1月14・15日に東京ビッグサイトで開催される「Nintendo Switch 体験会 2017」にて、イベントのオープニングとエンディングを飾るステージイベントとして「任天堂ゲームミュージックライブ」の開催が決定しました。